国際教育センター TOPへ

入試案内

帰国生のための入試案内

桐朋女子中学・高等学校では、帰国生受け入れの体制のひとつとして、帰国生を対象とした学校説明会を開催したり、入試要項をお知らせしています。

中学入学試験(帰国生として受験が可能なもの)

A入試
2月1日に実施される「A入試」では、小学校の6年間のどこかの時点で海外の学校(含全日制日本人学校)に通った経験のある人すべてを帰国生として認定します。試験内容は日本国内からの受験生と同じ「筆記試験(国語と算数)」「口頭試問」です。国語と算数の筆記試験は、小学校で学ぶ基本的な学力を測ると同時に、その基礎的な学力を使い、ねばり強く取り組む力があるかどうかを測ることを目的としています。口頭試問では、暗記や知識の多寡を問うのではなく、受験生の思考過程(考えるすじみち)を測りたいと考えています。海外生活の中で、新しい言語を通しての学習、友人づきあい、地域社会とのふれあいなど、様々な体験をされた帰国生の皆さんなら心配はありません。また、海外で日本の学習が十分にできなかった帰国生が不利にならないよう、特別な配慮がなされています。願書に海外での学校歴を記入してもらい、滞在期間・在籍校の種類・帰国時期などのデータに基づいての試問、審査が行われます。滞在期間が長く、帰国時期が試験間近で、出身校が現地校・国際校である場合などは特に注意して審査します。

帰国生対象特別入試(外国語による作文型)
 12月および1月に実施される「帰国生対象特別入試(外国語による作文型)」は、保護者の方の転勤や留学等に伴って海外に一年以上滞在し、小学校4年生以降に帰国された方が対象となる試験です。試験内容は、外国語(英語・フランス語・ドイツ語のいずれか)による作文と海外での学習と生活についての面接です。小学校の高学年まで海外の学校制度のもとで学んでいた帰国生が対象ですが、最終在籍校が全日制日本人学校であっても出願は可能です。海外の現地校や国際校での学習や、現地での生活にどのように意欲を持って取り組んだかを2種類の面接でしっかりと確認し、外国語による作文と併せて総合的に合否を決定していきます。「日本語での学習経験は少ないけれど、海外では誰にも負けないくらい勉強した」という皆さんにお選びいただければと考えています。

※2月2日実施の「論理的思考力&発想力入試」と、2月3日実施のB入試(国・算・理・社)もあります。帰国生としての考慮はありませんが、受験していただけます。また、すべての試験が併願可能です。

  • 学校説明会
  • 中学(帰国生含む)
  • 入試要項
  • 中学入試要項
  • 帰国生入試要項

高校入学試験(帰国生対象)

帰国生を対象とした高校入学試験には、
本校を第一志望とする人向けの
「帰国生推薦入試」(A…現地校・国際校出身者用、B…全日制日本人学校出身者用)と、
併願可能な
「帰国生対象高校入試」(A選考…外国語による作文型、B選考…筆記試験型)のふたつのタイプがあります。
どちらの試験においても、Aは海外の教育制度で日本語以外の言語で学習をしてきた人を、Bは全日制日本人学校等で日本の教科書を用いて学んできた人を受験生として想定しています。
桐朋女子では、海外にいる皆さんにとって現在通っている学校での学習や生活がもっとも大切だと考えています。
そのためどのような学校に通っていても無理なく受験できる方法を選択していただけるようになっているのです。
「帰国生対象高校入試」のA選考、B選考の内容は、ほぼ「転入学・編入学試験」に準じます。

  • 学校説明会
  • 高校(帰国生)
  • 入試要項
  • 帰国生入試要項

転入学・編入学試験

転入学・編入学試験は毎年3回定期的に行います。
高校入試同様、受験生が海外での自分の学習スタイルに合わせた受験ができるよう、A・B、2通りの試験を用意しています。

Aの試験内容

現地校や国際校の出身者を想定しています。
作文課題は、海外での生活体験に関するものが基本です。評価の観点は、滞在期間中に外国語をどのくらい習得できたかを見ることにありますが、文章の構成力や表現力に重点をおいて、総合的な学習力も判断します。

Bの試験内容

主として全日制日本人学校出身者を想定しています。
試験問題の出題範囲は学習指導要領で定められた領域を超えないようにしています。

  • 学校説明会
  • 転・編入
  • 入試要項
  • 転・編入試要項

帰国生データ(2012年3月1日現在)

  • 国際教育センター
  • Tel:03-3300-2232(直通)
  • E-mailのお問い合わせ

過去に出題された外国語(英語)の作文課題例

中学1年生
  • 滞在国の中で好きな場所とその理由(4月)
  • 影響を受けた人について(9月)
中学2年生
  • 海外の学校生活で大切だったこと(4月)
  • 滞在国でガイドブックに紹介したい場所とその理由(9月)
中学3年生
  • 五年後に再び滞在国を訪問してやりたいこと(4月)
  • 友達から言われて嬉しかったこと、悲しかったこと(9月)
高校1年生
  • 滞在国での伝統的行事について(4月)
  • 滞在国と日本の共通点、相違点(9月)
高校2年生
  • 海外で不便だったこと、そこから学んだこと(4月)
  • 滞在国における社会問題とその解決方法(9月)
高校3年生
  • 最も印象に残った本(4月)
  • 海外で大きな影響を受けた経験(4月)