国際教育センター

国際教育センター概要

世界に羽ばたこうとする生徒を支援しています

桐朋女子中・高等学校には国際教育センターという機関があります。業務としては「本校への入学を希望する帰国生の受験相談から入学後までのサポート」「在学中に留学を希望したり、卒業後に海外の大学への進学を希望したりする生徒へのカウンセリングや様々な支援」「語学教室や海外研修、セミナーなどの運営」などがあり、生徒が世界に視野を広げられるような機会を、積極的に提供するよう努めています。

帰国生受け入れ、留学・海外進学等相談窓口、語学教室・海外研修等の実施

帰国生の受け入れ

桐朋女子が初めて帰国生を受け入れたのは1959年。以来現在まで数多くの帰国生が入学し卒業していきました。2015年3月現在、約34カ国からの帰国生が学んでいます。国際教育センターは帰国生の受け入れをスムーズにする役割を担っており、安心して入学していただけるよう、ご帰国にあたっての不安や疑問にお答えし、入学試験や転入学・編入学試験に関するご案内も丁寧に行います。入学後は、帰国生が生活環境や学習内容の変化に少しずつ馴染んでいけるような様々なサポート体制を整えています。

帰国生サポート体制について

留学や海外進学希望者の相談窓口

桐朋女子では、一定の条件を満たした高校生が公的機関等を通して留学する場合、法令の定める範囲内で留学の単位を認め、生徒は学年を下りることなく卒業することが可能です。多くのものを吸収できる高校時代に海外で学ぶことは、その生徒の将来にとって貴重な経験となりますが、日本を離れて生活することから生じる問題など、留学することを決める前にしっかり理解しておかなくてはいけない事柄もあります。国際教育センターでは留学を希望する生徒一人ひとりと時間をかけて面談し、生徒の希望進路、性格などしっかり把握した上でのアドバイスをしています。

また、海外の大学への進学を希望する生徒に対するサポートも行っています。海外の大学等で学ぶ卒業生のネットワークを作り、必要に応じて在校生が海外で学ぶ先輩から直接アドバイスを受けることも可能です。TOEFLやSATの試験対策についても、本校専任の外国人講師がしっかりと対応します。実際の学校選びや出願のプロセスでも、生徒一人ひとりの希望をじっくり聞いたうえでの支援を行っております。

語学教室や海外研修等の実施

国際教育センターでは、生徒が世界に視野を広げられるような機会を、積極的に設け提供しています。語学教室としては「帰国生対象外国語会話教室」(英語・フランス語・ドイツ語)、「英会話教室」(中学3年生以上の全生徒対象)を設置し、生徒たちは毎週1度放課後に、ネイティブの教員が担当する授業を受けることができます。また、長期休暇中(夏季:宿泊型、冬季:通学型)にそれぞれ「英会話シャワー」を実施しており、英語プレゼンテーションのスキルを身につけ、ネイティブの講師や留学生との交流を通して異文化理解について学びます。

毎年夏休みには高校生の希望者を対象に「米国夏季研修」も実施しています。これは米国サウスカロライナ州のクレムソン大学で実施されるアメリカ人中高生向け夏期講座に2週間にわたって本校生徒も参加するというものです。学校推薦などの資格をクリアした優秀な中高生が全米から集まってくるこの夏期講座において、そのアメリカ人中高生と大学の寮で共同生活を行いながら「コミュニケーション」「理科」などの科目を大学の教授陣から直接学ぶことができるこの研修は、生徒にとって生涯忘れることのできない貴重な財産となっています。

このほかにも国際教育センターでは、様々な分野で活躍されている方をお招きして異文化体験を話していただく「異文化理解セミナー」なども実施しています。

  • 国際教育センター
  • Tel:03-3300-2232(直通)
  • E-mailのお問い合わせ