HOME > トピックス一覧 >

進級にむけて 見学に行こう

園だより

3月に入り、いよいよ年度の終わりが見えてきました。4歳児ばら組は進級して年長クラスに、3歳児たんぽぽ組は年中クラスになります。

たんぽぽ組にとっては、まだ「進級する」ということは漠然としているかもしれません。しかし、先日たんぽぽ組の子ども達と学内を散歩しているとき、こんな案内を見つけました。

「新しいたんぽぽ組の方は、矢印の方に進んで、新しいカバンを受け取ってください。ズボンもこちらで注文できます」・・・ですって!子ども達にそう伝えると、なんとも大人っぽい顔つきに変わりました。

どうやら、新しいたんぽぽさんが入ってくるらしい。そして自分たちは、ばら組さんになるらしい!そんな風に、たんぽぽの子ども達も少しずつ、進級が見えてきています。

 

一方ばら組は、先週ゆり組から「お仕事」を教えてもらい、ついに自分たちはゆり組になるぞ、という意識が芽生え始めています。楽しみな気持ちや期待感とともに、ドキドキ・ちょっと心配だな、そんな気持ちもあるようです。

 

さて、進級ということを、前向きに捉えられるよう、先日たんぽぽ組の子ども達がばら組の様子を見に来ました。

ばら組の子ども達が椅子に座って「おやすみしらべ」という出席確認をしているところを、じーっと見ていました。また、ばら組の部屋にはどんなものがあるのか、ロッカーやおもちゃ、道具などを保育者と一緒に興味深く見学していました。

 

そして、ばら組の子ども達も、翌日、ゆり組の部屋を見学してみることにしました。部屋のロッカーの配置の違いや、たくさんの楽器が収納されている棚、ゆり組にしかないカプラや小さな積み木などを注意深く見ていた子ども達でした。「これなんだろう?」「ゆり組になったら遊んでみたい!」など、さっそく進級後のことを考えている子どももいました。

 

たんぽぽ組もばら組も、上の学年の部屋や様子を見てみることで、見通しが持てたり、期待を膨らませたりすることができたようです。3学期もあと少しとなりましたが、一日一日を大切に過ごしたいと思います。

最上部へ

桐朋幼稚園 〒182-8510 東京都調布市若葉町1-41-1 / TEL : 03-3300-2111(代)