HOME > トピックス一覧 >

つながる楽しさ

園だより

久しぶりの晴天。この日は暑くなりました。

そのような気候もあって、年中組の男の子がカップに砂を詰めて「かき氷」と「アイスクリーム」を作って遊んでいました。

「てつだって」と言われたので、保育者も一緒に作りながら、せっかくならと作ったかき氷やアイスを並べられるケースを用意すると、「かき氷・アイス屋さんにしよう」ということになりました。

 

 

すると、「わたしもおみせをひらくわ」と言わんばかりに、同じクラスの女の子も「アイス屋さん」の店構え。男の子も、隣にお店をできることを受けいれて、2店舗が並ぶことに。

 

 

その開店準備を見ていた周りの子どもたちも「フルーツありますよ」「おみず、いりますか」と、アイスやかき氷に使えそうな材料を運び込んでくれます。

 

 

いざ、開店。初めは沢山のお客さんが食べに来てくれましたが、段々と客足も薄くなっていきます。

「いらっしゃませっていえばいいんじゃない?」

「いいね、いっしょにいおう」

「「いらっしゃいませ~」」

「おいしいですよ~」

それぞれの店舗でありながら、お互いに力を合わせて、お店屋さんを楽しんでいました。

 

 

友だちの遊びに刺激を受けて、それぞれが遊びを満喫しながら、友だちとの遊びやかかわりが繋がる楽しさも味わっています。

 

最上部へ

桐朋幼稚園 〒182-8510 東京都調布市若葉町1-41-1 / TEL : 03-3300-2111(代)