園だより

10月13日、プレイデー

いっしょにいこう用意も自分たちでよく見えないところは、友だちがやってくれた

 13日にプレイデーを行いました。(写真はすべて前日までの様子です)
 たんぽぽ組(3歳児)は、身体を動かすことをたっぷり楽しみました。紅白に分かれて、力いっぱい身体を動かす楽しさを味わいました。その前向きな気持ちと取り組みを応援してもらいました。
 ばら組(4歳児)は、自分たちで紅白を決めて、運動的な遊びを行い、当日を迎えました。力いっぱい身体を動かす楽しさをたっぷり味わいました。取り組みの過程では、一方の組に多くの人が偏ってしまって、できなかったということも経験し、みんなで気持ちよく行うためにみんなで考えを出し合い、紅白同数にすることの必要も学びました。
 ゆり組(5歳児)は、自分たちで紅白を決めて、リレーを中心に毎日運動遊びを楽しみました。勝ちたいという気持ちが高まり、負けるたびに悔し涙を流すこともありましたが、互いに励まし合い、力を合わせて、みんなで気持ちよく競技を行うことを大事にして当日を迎えました。今回、たんぽぽ組の競技のサポート役など、年長児としてプレイデー全体のことを考えて取り組むことも大事にしました。一人ひとりが力を発揮し、すばらしい取り組みでした。
 保護者のみなさまには、子どもたちへの温かい声かけ、拍手などありがとうございました。