園だより

ゆり組合宿

「一人ひとりが野菜を切って、自分たちで作ったカレーをみんなで食べて笑顔になったり。普段味わえない「夜の幼稚園」にドキドキ・ワクワクしたり。「おうちの人がいないけど眠れるかな」と心配していたことも、「〇〇くん、隣で寝よう」「一緒の布団だよ」とかたい約束を交わしていたり(朝はバラバラになってしまいましたが)。一夜を越えると、2日目の朝には「泊まれちゃっちね」「もう1日、泊まろう!」「また合宿したーい」なんて言葉も。」(ゆりぐみつうしんより)

 先週の金曜日から土曜日にかけて、ゆり組合宿を行いました。
 カレーづくり、おやつづくり、お化け屋敷、プールあそび、夜のたんけん、おたのしみ、花火、布団はこび、布団しき、みんなでゆり組の部屋に泊まる、朝のさんぽ、布団はこび、おにぎりづくり、かたづけ、部屋のそうじなど、どきどきしたり、わくわくしたり、いっぱい喜んだり、たのしい合宿になりました。
 私たちは、子どもたちと、一度しかない現在を大切に生きていきたいと願っており、ゆり組合宿でもそのことを実感しました。