運動会

走る、舞う、競う

運動会は、2つの要素で構成されています。1つは、日常の体育学習の発表。リズムに合わせて全身を使う表現活動と、民舞や器械運動を基礎にすえた身体表現運動です。それぞれがテーマを持ち、自らの体で表現します。体育の授業だけでなく、総合や美術や社会の時間も使い、歴史や背景にもアプローチし総合的に学習を積み重ね、成果を運動会の場で表現します。

もうひとつは、対抗競技です。伝統競技「大玉リレー」は、上級生がリーダーになって下級生を導き、3年生から6年生まで1つの大玉をつないでゆきます。1、2年生は「玉入れ」が楽しみです。学年対抗競技は各クラスが自分たちのプライドをかけて熱烈に競技します。

運動会を支えるのが係活動です。子どもたちは教員の協力を得て、用具準備、会場のライン引き、放送など、さまざまな作業に取り組み、一生懸命こなします。運動会は子どもたちが一歩も二歩も成長する大きな機会です。

運動会フォトギャラリー

写真をクリックで詳細をご覧いただけます。