入学考査について

入学考査、評価、推薦について、桐朋小学校で大切にしていること

入学考査について

 私たちは、小学校入学考査のための準備教育を望ましいものではないと考えます。幼児期から知識を詰め込んだり、他者からの評価に縛られたり、できる、できないということにとらわれすぎることは、子どもたちの発達にマイナスの作用を及ぼします。
 幼児期において、ゆったりとした時間を楽しみ、たっぷりと遊ぶことを大事にした、その子にとって生き生きと過ごせる生活を送ってほしいと願います。
 桐朋小学校の入学考査では、前もって特別な準備をしなければ解けないような問題は出題しません。5、6歳の多くの子どもたちが 、日常生活や遊びの中から自然に身につけている知識や技術、感性、行動などを見ていくことを大事に考えています。

評価のシステム

 私たちの学校には通信簿がありません。このことは子どもを評価しないと
いうことではありません。評価は、その子らしさを認め、励ましていくことだと考えます。
 一人ひとりの子が自分の良さや課題がわかり、自ら取り組むことを大切にします。テストは、その子の、そして私たち教師の課題を明らかにし、共有していくためのものです。点数をあげるためにテスト問題を繰り返し、テストのための教育をするようなことはしません。
 子どものよさは数値で評価できるものではありません。年に2回行われる個人面談が、親と教師が子どものよさを発見する大切な評価の場です。

推薦のシステム

 私たちの学校には、推薦制度があります。男子は桐朋中学校へ、女子は桐朋女子中学校への推薦を受けることができる制度です。
 私たちの学園では、幼児期、児童期、青年期、それぞれの時代にふさわしい育ちが必要であると考え、その発達の時期にふさわしい課題を追究した教育を展開しています。
 推薦制度によって、受験教育の体制に巻き込まれることなく、長い期間をかけて自分づくりや他者との関わりを育みます。