総合活動

各担任の創意による教科を超えた総合活動は、桐朋教育の大きな特長です。

発表

桐朋小学校では30年も前から「総合」の時間を大切に続けてきました。「総合」には、劇の発表や自由研究発表などの<表現>、学校の畑栽培や、料理づくりなど、さまざまな<ものづくり>、竹馬、けん玉、コマなどの昔遊びやスポーツの<運動活動>、の三つの要素があります。

また学級会や係、児童会などの<自治活動>もこの時間に行われます。低学年では、五感を使い実際に体験することが重視され、生活科にかわる時間として理科、社会科的な学習もふくまれます。高学年では、現代的な課題(環境問題、平和問題など)に取り組み、学ぶ意味を問う学習も組まれます。

目の前の子どもの課題や、担任の創意によって創られてゆくこの「総合」の時間は、クラスごとに多彩な内容を持ち、諸教科で学んだことをつなげて実現してゆく、桐朋小学校にとってなくてはならない時間です。

これまでの「総合」の例

  • ・ 「クラスの創作劇」
  • ・ 「ヒロシマを劇で伝える」
  • ・ 「クラスの夏祭り」
  • ・ 「イメージの授業-仮面をつけてみる」
  • ・ 「赤カブ栽培と味噌汁づくり」
  • ・ 「大根でたくわんをつくる」
  • ・ 「大豆を作り、きなこを挽く」
  • ・ 「米作りから、わら細工まで」
  • ・ 「麦作りからパン・うどん作り」
  • ・ 「やきいも大会」
  • ・ 「じゃがいも収穫とカレーライス作り」
  • ・ 「季節を感じる行事-子どもの日、七夕、豆まきなど」
  • ・ 「八ヶ岳合宿を創る」
  • ・ 「戦争と平和を考える(修学旅行)」
  • ・ 「国際理解教育-ワイングラスの世界」
  • ・ 「性教育」

総合活動の事例

  • 事例1.「春を探しに-草花調べ」
  • 事例2.「パン作り・パン工場見学」
  • 事例3.「ヒロシマで平和を考える」
  • 事例4.「子どもと劇をつくる」