クラスの自治活動-自治活動-

コミュニケーションを育て、楽しみや願いを自らの手で実現していく

朝の時間。子どもたちが輪になってすわっています。楽しかったことや今日の授業での楽しみなどを順に話していきます。ある教室では、一人の男の子が昨日みつけたカマキリのことを発表しています。こうして、楽しみを分かちあったり、自分の意見をみんなの前で発言し、それを聴き合う関係をつくることが自治の第一歩です。
係活動も盛んです。教室の環境を維持し、作りかえをして、自分たちの「教室」という意識が育ちます。それだけれはありません。つかまえてきた虫を飼う、折り紙、マンガをかくなど、クラブのように楽しみ、クラスに広げる活動も行われます。それらを通じて、子どもの関係や世界は広がります。低中学年はクラスや学年での活動を中心に自治を育てます。グループでの討論が授業でも盛んに行われます。4人グループに分かれ、討論・発表をおこなうスタイルの授業。1人ひとりが学びたいことを選んでいくような授業も行われます。

朝の会

朝の会では、昨日自然ひろばでみつけたカマキリの発表もあります。それぞれの楽しみ、うれしいことを分かちあったり、意見をみんなの前で発言し、それを聴き合う関係をつくります。

児童会

児童会の活動は5、6年生が担います。遊びの決まりを決め、それにもとづいて体育館、プレイルームなどの遊び場を管理します。図書、放送といった仕事も担います。

運動会

子どもたちが運営の多くの部分を担う運動会。この係は4年生から参加することができ、子どもの内面に自覚と責任感をもたらします。全校レベルの運営を見通した「自治」への第一歩です。

遊び企画

低中学年の子どもたちがとても楽しみにしている、全校生徒のための遊び企画。委員会がそれぞれ企画を出し、運営をします。高学年から低学年への、遊びの伝承の機会でもあります。

児童会を構成する委員会

  • 代表委員会
  • 図書委員会
  • 放送委員会
  • 体育委員会
  • 保健委員会
  • 理科園・自然ひろば委員会
  • あそび企画委員会
  • プレイルーム委員

授業

作文のワークショップ。自分で題を決める。1人で書いたり友だちと相談したり、書き方も選べる。先生に相談したり、クラス全体が書くことに集中し学んでいます。