桐朋小だより

特別授業 「ようこそ先輩」 

6年
「京王沿線生活マガジン あいぼリー」に掲載された高橋さんの写真より向かって、左・侑子さん、右・圭子さん 時間ぎりぎりまで、子どもたちへサインをしてくれました

 桐朋小学校、桐朋女子中学校、桐朋女子高等学校出身のトライアスリート 高橋侑子(たかはしゆうこ)さんと、侑子さんを支える妹の佳子(けいこ)さんに話を聞きました。
 侑子さんは、現在、アメリカのサンディエゴを拠点に、世界中のレースに出場しています。2020年東京オリンピックに向けて、「レースをリードし、主導権を握れるような『強さ』を持った選手を目指して、もっともっと成長していきたい」と取り組んでいます。佳子さんは語学を生かして、海外を転戦する際の交渉ごと、食事など、侑子さんを支えています。お二人とも、それぞれの持ち味をだいじにしながら協力し、仲のよい様子がたいへん伝わってきました。
 ワールドカップの映像など、各選手がスイム、バイク、ランの3種目を連続して行う様子を見せていただきました。ワールドカップ大会で、4、5、6位の競い合い場面、侑子さんがゴール前の坂道を必死に上る様子に息を飲みました。ゴールしてすぐに倒れ込みました。子どもたちと大きな拍手で応援をしました。

学年開き

6年
実行委員の司会で始まりました。この1年でやることややりたいことを表してみました。一人一人が自分達の生活を作っていこうと呼びかけました。この1年の目標・やりたいことなどを風船に書きました。目標や願いが達成するように、風船を飛ばしました。みんなで交流 その1 しっぽ取りゲームグラウンドいっぱいを駆け回りました。積極的に取りに行く子もいれば、守りに入る子もいました。子どもたちの駆け引きが面白いです。みんなで交流 その2 全員リレー各クラス2チームずつ作りました。1人半周ずつ走り、勝敗を競いました。2つの交流の結果発表。引き分けが告げられました。多目的室に移動し、乾杯しました。走り回った後のジュースは、おいしかったようです。

新しい学年の生活がスタートしました。
クラス替えはありませんでしたが、気持ちを新たに、『学年開き』を行いました。
まず、この1年をどのように過ごすかについて、実行委員の考えをまとめたものが発表されました。
合宿、運動会、美術展、修学旅行などの行事を、やりたいこと・学びたいことを出し合いながら、自分たちの手で作っていこう。また最上級生として下級生を引っ張っていきながら、楽しい学校づくりをしていこうと確認し合いました。
このあと、グラウンドで「しっぽ取り」や「リレー」で交流。最後に乾杯をして、学年開きを締めました。

6年生を送る会

全学年
いつまでも飛んでいく風船を見守る6年生です。風船が上がるたびに、歓声が上がります。在校生も見守ります。6年生の想いをのせて、青空に飛んでいく色とりどりの風船。「桐朋サイコー」。誰か見てくれるかな。風船にメッセージを書く6年生も。グラウンドで風船飛ばしをする準備中。アーチをくぐるのは、楽しみの1つです。在校生のアーチをくぐって退場します。おわりのことば。かんばってください。」勉強や部活にございました。中学でもしてくれてありがとう意見を聞いたり今まで私たちのために卒業おめでとうございます。「6年生のみなさん裏には、6年生へのエールが書かれています。4年生の表現の1枚。小学校生活での思い出を話しています。6年生のお礼の表現。パートナーからの手紙を嬉しそうに読む6年生。6年生からはお礼のラムネレイがかけられました。パートナーにプレゼントを渡しています。プレゼントには、写真と「手紙」があります。パートナーに渡すプレゼントを大事に抱える2年生。身長が一番伸びた6年生と、入学してきた当時の身長と同じ1年生が並びます。はじめのことば。司会進行も5年生の仕事です。6年生が入場しました。プラカードを持って先導するのは、5年生。6年生入場。

3月3日(木)、6年生を送る会が行われました。
この会は、5年生が初めて6年生の力を借りずに自分たちの手で企画・運営する行事です。
3・4時間目は、体育室に全校児童が集まって、お祝いの表現やお礼の表現をしました。
全体会が終わったら、グラウンドで風船飛ばし。6年生が想いを込めて青空に向かって風船を飛ばします。
5・6時間目は、委員会の5年生が6年生とそれ以外の学年の人たちが触れ合って遊ぶ企画をして、楽しいひと時を過ごしました。

子ども団活動の呼びかけ

6年5年

本校の5・6年生の時間割には、毎週木曜日の6時間目に『子ども団活動』という時間があります。5・6年生が自ら取り組んでみたいことを考え、仲間を募り、活動する時間です。
運動会をはさんで活動期間を「前期」「後期」に分けていますが、後期の活動の仲間を募るための“呼びかけ”が行われました。

この日は、野球、サッカー、卓球、バスケットボール、イラスト・アート、将棋、パティシエ、競技カルタなど15のグループが呼びかけを行いました。それぞれどんな活動内容を考えているかを発表し、それを聞いた子どもたちがどの活動に所属するか希望を出します。いくつかある条件をクリアすると、めでたく“成立”となります。

前期の呼びかけは6年生のみ行いますが、後期は5年生も呼びかけを行うことができるとあって、5年生も積極的に呼びかけを行っていました。

桐朋学園小学校6年生の皆さんと

6年

 6月14日、桐朋学園小学校6年生の皆さんが、桐朋小学校に来てくれました。そして、室内ゲーム、ドッチボール、野球、バスケットボールの種目を通して交流をしました。はじめ緊張をしていた子どもたちがたくさんいました。一緒に活動をして盛り上がり、交流を深めることができました。短大食堂では、お互いの名前を覚えたりして、楽しい交流でした。
 桐朋学園小学校の皆さん、ありがとうございました。

2015年 桐朋小学校 入学式

全学年
5年生の名札付けクラス担任と初めての出会い5年生と一緒に入場校長先生から校章のバッジをもらう2年生の表現

今年も新しい1年生が入学してきました。期待と不安で緊張しています。サポートするパートナーの5年生のお兄さん、お姉さんに連れられて、自分のクラスの教室や入学式会場のホールまで案内してもらいます。まず教室で名札をつけてもらい、会場の舞台の裏手から一組づつ一緒に入場して、式が始まりました。次に一人一人、校長先生から校章のバッジを渡して握手します。次は、担任の先生や専科保健、図書の先生が紹介されます。続いて2年生による歓迎の表現です。1年間の自分たちが体験した、歌や踊り(荒馬踊り)、昔遊びや体育での活動(ねこちゃん体操やなわとび等)を元気よく表現します。1年生は、目を輝かせて{自分たちもあんなことをやれるんだなあ}という思いで見ていることでしょう。次に、「あたま、かた、ひざ」からだあそび歌を一度やって見せて、続いて1年生も一緒に身体を動かし、歌います。1,2年生との最初のコラボがここで既に始まります。これから何度か上級生と色んな形で交流していきます。楽しみですね。最後は1年生の代表と2年生の代表が一緒になって、くす玉割りをやって退場します。。

6年生の書き初め

6年

 廊下に、6年生全員の書き初めを展示しています。「新年の夢」「初志貫徹」「一日一善」「世界平和」「花咲く春」「有言実行」「笑門来福」など、一人ひとりが自分の書き表したい四文字を選びました。1~5年生がよく見ています。

熱いぞ、子ども団!

6年5年
団長VS唯一の5年生サッカー団読書団。読んだ本について語り合う。よく混ぜてね。アツアツのクリームカスタードクリームをつくっているよ。卓球団第1体育室では、卓球団スマッシュ手打ち団。打つ瞬間!手打ち団いよいよ決勝戦。オフェンス!バスケ団、最後のミーティング

 今日で前期の団活動が終わりました。
毎週木曜日の6時間目に、自分たちで立ち上げた団での活動を行ってきました。

前期は、バスケット・卓球・テニス・読書・サッカー・将棋・パティシエ・手打ちの8団が成立し、それぞれで、熱い活動が行われていました。
後期は、どんな団が成立するか、楽しみですね。

学年びらき

6年3年

 新3年生、新6年生のプレイルームでの「学年びらき」の様子です。学年の全員が顔を合わせて、友だちと仲良くなる楽しい活動や1年間の見通しなどを持ちます。
 新3年生は、クラス替えがありました。学年びらきでは、3年生のみんなで育っていこうと、ゲームなどをして楽しみました。
 新6年生は、先生より、1学期から卒業までの学習、生活、行事などの話しがあり、一人ひとりが期待や見通しを持ったと思います。
 職員室に戻ってくると、新4年生全員がグランドに集まって、ゲームをしていました。楽しそうな声が聞こえてきました。 

6年生 卒業生からお話を聴く会

6年
卒業生の松田さん卒業生の高杉君、北川君会の終了後、サッカーを一緒にしてくれた2人

 6年生が、卒業生の松田さん、北川君、高杉君より、中学校生活の様子や入学試験などについて話を聴きました。事前に、子どもたちより聴きたいことを聴いて、それを読んでもらっていました。
「自分のクラスに小学校からの友だちは何人ぐらいいましたか?」「外の人や学園小の人とはすぐに打ち解けられますか?」「中学生の勉強と小学生の勉強はどれくらい違いますか?」「何か特殊な授業はありますか? あるのなら、どのような点が特殊ですか?」「文化祭はどんな感じですか?」「部活の先輩は厳しいですか?」「宿題の量はどのくらいですか?」「女子がいないとどう思いますか?」「苦労した点は?」など、たくさんの質問にていねいにこたえてくれました。