桐朋小だより

2019.10.7

全学年

運動会が無事終わりました

各学年、特別時間割に入ってからの運動会へ向けた仕上げの練習を一生懸命行い、運動会を迎えました。10月6日、運動会当日は、雨模様で開催が危ぶまれましたが、何とか開催できました。それでも開会式後の3年生の「みかぐら」の発表中、雨脚が強くなり、終了後一次中断をし、30分ほど様子を見ることにしました。その中でも3年生は、雨の中集中して最後までしっかりと踊り切り、すがすがしい顔で踊りを終えることができました。

その後、運よく雨も上がり、時折晴れ間も見れる天気になり、その後の学年の表現の発表と対抗競技はしっかりと行うことができました。残念ながら、中断の影響でPTAの出し物の「大玉送り」は、中止になってしまいました。それでも子どもたちは、みんなで夢中になって運動会を楽しむことができ、笑顔で運動会を終えることができました。

運動会を見に来ていただき、大きな応援をいたいただいた保護者の方、前日や当日の準備やお手伝いをいただいた係りの保護者の方、そして何よりも高学年の係の子どもたちの自覚を持ったそれぞれの仕事をしっかりと取り組んでいた姿には、感心しました。このようにみんなで作り上げた運動会を無事に終えることができたことに感謝いたします。

小雨の中の開会式の様子

3年生みかぐら、小雨の中でしっかり踊りました

2年生、みんなでそろって花笠音頭

4年生、縄跳びの表現(ダブルダッチ)

3年生、綱とり。作戦を立てての合戦

1、2年生のかわいい玉入れ。

1年生、荒馬踊り。思い切り跳ねます。

5年生、勇壮な沖縄のエイサー。この日は沖縄の園田青年会の会長、副会長の生演奏とリードでおどりました。

6年生、岩手県の七頭舞、難しい動きをかっこよく踊り切ります

対抗競技開会式の連合旗の入場。1年生から6年生の代表が一緒に入場

2年生、3人で気持ちを合わせてマルタを持ってのリレー

1年生、二人で力を合わせて走ります。

4年生のかけっこ綱引き。綱のある所まで、みんなで走って綱引き

5年生、全員リレーのゴールの瞬間。いい表情してます。

6年生、旗取り。棒倒しの安全版。一瞬で決まる時もあります。

3,4,5,6年合同の大玉リレー。対抗競技の最後の種目。これで総合優勝が決定します。

優勝したチームに贈られる優勝旗。今年は白組が優勝

一覧に戻る