桐朋小だより

2018.4.13

2018年度入学式

入学式~みんなで たのしい 桐朋小学校を つくろう!~

みんなが待っていた新しい仲間72名を迎える特別な一日でした。
パートナーの5年生もドキドキしながら1年生と待ち合わせ。
「よろしくね」「こっちだよ」「ゆっくりで大丈夫だよ」…
そんな優しい言葉がたくさん聞こえてきました。
お兄さん・お姉さんとしっかり手をつなぐ1年生も、笑顔です。
これからいろいろなことを教えてもらうことでしょう。
お家の方々も、そんな「先輩」をやさしく見守ってくださり
ありがとうございます。

 

パートナーと一緒に入場した入学式場のポロニアホールでは
ひとりひとりが校長先生と握手して、学校の印「バッヂ」を受け取ります。
さあ、これでみんな仲間です。
今は校長先生の半分くらいの背丈の1年生ですが、
これから6年間の様々な経験を通して、
からだも心もどんどん成長していくことでしょう。

 

5年生と同じくらい、1年生が来ることを楽しみしていたのは2年生。
元気いっぱいの声でスタートしたお祝いの表現では、
漢字やさんすうの勉強の仕方を教えてくれたり、
美術の作品、コマやけん玉などの技、体育で習う荒馬の踊りなどを
見せてくれました。1年生も身を乗り出していましたね。

 

最後に、1年生と2年生が協力して、お祝いの鈴割をしました。
「にゅうがく おめでとう」。
会場のみんなが大きな声で祝ってくれました。

6年生は入学式前日に1年生教室を念入りに掃除してくれました。
5年生がよろこぶ顔を思い浮かべながら飾りつけをしました。
みんな、気に入ってくれたかな?
ここから、わくわく・どきどきの小学校生活がスタートします。
窓から、満開の八重桜が見守っています。

一覧に戻る