桐朋小だより

石拾いから運動会!

全学年

9月18日(火)朝の会は、運動会の準備活動で全校の「石拾い」がありました。今日は、小学校グラウンドを学年で分担して拾いました。初めて体験する1年生は、「石拾い」意味がわからずに、きれいな石を拾うのか、と思って担任の先生に聞いていました。

石拾いは、もちろんグラウンドに落ちている石やガラス、木切れなどを安全のために拾うのです。こんなによくも集まったと思うくらい石は集まります。

教職員の係は、この日のために7時30分に集合して、グラウンド整備用トラクターで表面をならし、埋まっている石を地上に集めているのです。子どもたちの安全を確保するために、こんな裏方も必要なのです。石拾いはさらに、中高グラウンド(中高文化祭のあと)、小学校グラウンドの石拾いを行うのです。