桐朋小だより

1年生と豆まき!

1年
「おにはー そと!」豆まきの1年生。大太鼓で子どもを応援!後が気になって気になって。絵本の読み聞かせ。「かえるをのんだととさん」このお話でもちょっとこわい!真剣な目戸をどどんと叩けば、こわくなる!青おに、赤おに登場!とにかくぶつける!みんなでぶつける!ひろってまたぶつける!髪がバサッとおちてよけいこわい~ひきながらもぶつける!おにをおいはらった!

2月3日(金)立春の日に「節分」の豆まきを行いました。まずは、プレイルームに3クラスの1年生が集まりました。担任の川上幸子先生が、絵本『かえるをのんだととさん』を読み聞かせました。なんでも飲み込むととさんは、とうとう鬼も飲み込んでしまいました。飲み込んだのはいいけれど、お腹の中であばれて角がチクチク刺さります。和尚さんに教えられて、鬼は節分の豆がきらいなもんで、「おにはー そと!」と口を開けたところに投げつけると、おにはたまらずおなかから出ていった、というお話。

お話を聞いてるころから、友だちと手を取り合っている子どももいました。佐久間洋一先生が、「おにはどこにいるのか?」、などと言ってプレイルームの扉をたたいただけで泣いてしまう子どももいました。ややあって、赤おに、青おにがプレールームに入ってくると、最高潮。手作りの紙箱に入れた豆をぶつけ、「おにはー そと!」と大きな声でいうと、たまらずおには外に出て行きました。