桐朋小だより

後期 子ども団結成に向けて

全学年
男女で呼びかける野球団代表の多いグループも民舞を少し実演発表者とエントリーした16のグループプレイルームに5・6年生がみんな集まって話を聞きます。代表者が参加を呼びかけます。

 5・6年生の時間割には、毎週木曜日の6時間目に『子ども団活動』という時間があります。5・6年生が自ら取り組んでみたいことを考え、仲間を募り、活動する時間です。
9月までを「前期」10月からを「後期」に分けています。後期の子ども団をつくるために、活動の仲間を募る“呼びかけ”が行われました。

 この日は、サッカー、卓球、民舞、バスケットボール、野球、将棋、パティシエ、競技カルタ、水泳、バドミントンなど16のグループが呼びかけを行いました。それぞれ考えている目標・活動内容を発表しました。今後、これを聞いた子どもたちがどの活動に所属するか希望を出します。いくつかある条件をクリアすると、その子ども団が結成されます。

 前期の呼びかけは6年生のみ行いますが、後期は5年生も呼びかけを行うことができるとあって、5年生も積極的に呼びかけを行っていました。