研究所だより

二八のつぶやき〈第36・37回〉

2017年03月03日


東門のカンヒザクラの木が、
少しずつ花を咲かせ始めました。

濃いめのピンクといいましょうか、
紅梅の色といいましょうか、
表現力不足で申し訳ないのですが、
ぽってりとした愛らしい花が
木、いっぱいに咲き始めている様子に、
春の訪れを感じます。

そういえば、今日は三月三日、雛祭り!
(春ですねー。)

こちら「研究所だより」の更新は、
毎度のことながら滞っておりますが、
(恐縮でございます…)
Facebookの方は割とがんばっておりますので、
お時間ある時にでもご覧いただけたら
とてもうれしいです!
どうぞよろしくお願いいたします。

今回の『二八のつぶやき』の原稿を読んでいて、
どんな分野に関しても、先生方の探究心は
すごいな、と思いました。

「自分で問題をもって、
 自分で勉強していなくてはだめですよ」

……とは、桐朋学園の礎を築かれた、
生江義男先生の印象深いお言葉ですが、
先生方の胸に、今もずっと息づいているのだと、実感。

どんなことも自ら興味を持ち、
自分で知識を得、楽しんでいく。
 
その姿勢には学ぶことがたくさんです。

それでは、今年度最後の、
『二八のつぶやき』をどうぞお楽しみください。
 


〔2017 /  1  No.36〕


 
今、料理にはまっている。
我が家の諸々の事情(と言っても、
一番の理由は家族の中で私が最も帰宅が早いというだけだが)で、
週に4~5回夕飯を担当している。
 
もともと料理には興味があり、桐朋に就職してからの
長い独身時代にも結構まめに自炊をしていたことがある。
 
料理に興味を持ったきっかけは小学校6年生の時。
家庭科の授業で作ったほうれんそうのバターソテーと
みそ汁を自宅で作り、家族にふるまったところ、
両親も妹も「美味しい、美味しい」と喜んでくれた。
 
褒められると伸びる、というよりは調子に乗る私は、
俄然料理に興味を持ち、以来頻繁に母親の買い物に付き合い、
料理の手伝いと称してちょっかいを出していた。
 
今にして思えば、母親にとっては
「邪魔くさい」存在だったろうなと思う。
中高時代は部活が忙しく、そんな余裕もなくなったが、
大学時代は大学と自宅が近かったため、
昼は自宅に戻って取ることも多かった。
 
そんな時、今も続いている日本テレビの
「三分クッキング」を見ながら
「今日は俺が作るから食材だけ買っておいて」
と母親に頼み、夕飯を作ることもたびたびあった。
 
そんな体験が長い独身生活には大いに役立った。
今、我が家の諸々の事情で(しつこいですね)
頻繁に夕飯をつくるにあたって
一番心掛けていることは、いかに短い時間で
美味しい料理を作るかということ。
 
「男子ごはん」「きょうの料理」「損する人、得する人」
などの料理関連番組を録画し、
「栗原はるみのすてきレシピ」など様々な料理本を
買い込み日々研究を重ねている。
 
例えば、時短ということで言うと、タマネギのみじん切り炒め。
本来なら時間をかけてじっくり炒めたいところだが、
30分もフライパンに張り付いているわけにはいかない。
また、うっかり他の事に気を取られていると焦がしてしまう。
 
そこで、タマネギはみじん切りにしたら、
耐熱容器に入れ、バターをのせてラップをかけて
電子レンジで3分加熱。
これでOK,というか妥協。
 
息子の「これ、超うめえ!」、
妻の「あなた、これならお店開けるわよ!」
といった褒め言葉(おだて?)に乗せられ、
調子に乗った私は今日も朝から夕飯の献立を考えている。

 
(岸)
 
 
 

〔2017 /  2  No.37〕


 
私が地学を教えられるのも残り一年。
その地学教育が今、瀬戸際に立たされている。
桐朋はまだいい。
私の後任(小関先生)を採用してもらえたから。
 
大学で地学を入試科目にするところが
国立大学ぐらいしかないこともあり、
地学を専門とする教員を置いている高校は極めて少なく、
都立高校では五校に一人ぐらいで、
新規採用枠もなしというのが実状。
 
現在の学習指導要領で「地学基礎」が選択必修科目になったとはいえ、
地学分野を全く学ばずに高校を卒業していく生徒が圧倒的に多い。
 
宇宙、気象、地震、火山、環境、防災など、
科学ニュースの多くに地学が深く関わっている。
 
天変地異に対応して生き抜く力や大きな視点で
物事を観る力を養うためにも、
高校生全員が知ってほしい学問なのに。
 
私はこの四十二年間
「地学ほどおもしろい学問はない!」
という思いを伝えたくて授業に臨んできた。
 
中三での剣崎実習や高校での「星を見る会」も
本物に触れてもらいたくて継続してきた。
その思いが伝わったのか、これまで十名ほどが
大学で地学方面の学科に進んでくれた。
うち一人は現在、大学の教授(地質学)を務めており、
また別の一人はアメリカのアリゾナ大学で天文学科に進んだ。
 
昨年四月、高三紫のある生徒がやってきて
「国立を受けたいので、基礎科目ではなく
センター試験で物理と地学が必要なんです。
さらに二次試験も地学で受けたいんです。
桐朋では「地学」が設置されていないので、困っています。
特別に教えてもらえませんか?」
と懇願してきた。
 
「センター地学の全国平均点はこの二年、
41点、39点と極めて低いし、
ましてや二次試験となると無謀だよ。」
と答えると、
「それでも頑張ります」
ということで毎週二時間の特訓が始まった。
 
夏休みまではひたすら本物体験と講義、
九月以降は過去問にトライという方式で行なった。
 
地学は正解が見えにくい部分もあるので単なる暗記では通用せず
深く理解していないとまちがえやすい。
最初はまちがいが多かったこの生徒も、持ち前の知的好奇心旺盛さで、
一回も休まず粘り強く取り組んでくれた。
 
そして一月十五日の本番を迎えた。
翌朝弾んだ声で電話が。
「先生、地学満点でした!」
「それはすごい。地学で満点はほとんど聞いたことがないよ。
二次もこの調子でね。」
 
今までの中ではやりやすかった問題(全国平均53点)とはいえ、
よく頑張ったと思う。
二次試験も食らいついて、無事合格を果たしてほしい。
 
と同時に〝たかが地学、されど地学〟の存続を願いたい。 
 
(真野)