教育研究所の活動

教育活動の活性化を目指して

桐朋教育研究所では、開かれた教育を目指す桐朋学園の教育活動活性化を目指し、
次のような活動に取り組んでいます。

1. 教育活動活性化のための課題や方策を提案

桐朋の教育活動の活性化、私学としての独自性の発揮につながる実践に向けて、各種情報の収集、教職員の研究会・研修会の企画など、さまざまに模索し、課題や方策を提案し続けます。

2. 桐朋教育の検証および研究活動の成果の公表

機関誌『桐朋教育』、シリーズ『桐朋選書』などの編集・刊行を通して、桐朋が実践する教育内容や教育効果について検証し、広く世に問います。また、教育研究所所報や研究紀要の編集・発行を通して、教職員の日頃の研究活動の成果を公表します。

3. 帰国生教育の研究、実践

数多く受け入れている帰国生について、帰国後の実態調査等を通して、帰国生の教育を研究します。また、「会話教室」・「リソ講座」など、帰国後の特別指導の企画・運営に当たる等、国際教育センターに協力しています。

4. 桐朋講座の企画・運営

卒業生や保護者との末永い交流の場、そして生涯学習の場として(一部は在校生にも開放)、多種多様な教育講座(桐朋講座)を企画・運営します。

5. 作文コンクール「桐華賞」の運営

桐朋学園文巧会が主催する中学校3年生と高等学校2年生を対象とする作文コンクール「桐華賞」の運営を担当します。

組織図

組織図