桐朋学園芸術短期大学 GUIDE 2018
7/44

OURSE幅広い教養と実践力を身につけた舞台芸術のプロになる演劇と向き合う2年間芝居の自主稽古自主稽古は空き教室や開放スペースで。同じ座組の仲間と出会えば、学内の至る所が稽古場に早変わりします。スタッフワークセットや客席を組み立てる実働部に所属しました。スタッフとしての技術や知識は代々先輩から学びます。試演会の上演試演会では「蟠龍」(作・指導演出 岡安伸治)を上演。厳しい稽古を乗り越えて浴びた拍手は、忘れられません。ここで鍛えた時間が未来への自信人との関わりが濃密なことが桐朋の魅力です。同じ作品に取り組む仲間とは、授業外の時間でも芝居の話をしており、互いの演技を指摘し合うことも。また、僕は高校まで芝居経験がありませんでしたが、桐朋では先生方の熱心な指導で演技の基礎から身につけることができます。1年の前期では殺陣やアクションを通して身体を作り、後期には実技を深く掘り下げました。今は役者としての内面的な姿勢に注力して学んでいます。役を深く理解して演じられる俳優になることが将来の目標です。芸術科演劇専攻ストレートプレイコース2年村松直樹さんNaoki Muramatsu新潟県私立敬和学園高等学校 出身Toho Gakuen College of Drama and Music 07

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です