桐朋学園芸術短期大学 GUIDE 2018
37/44

専攻科音楽専攻管弦専修(ギター)1年深沢みなみさん Minami Fukazawa東京都私立桐朋女子高等学校 出身専攻科に進学して知識、経験、練習量の全てが増え、自信がつきました。自分の興味がある分野を中心に学べるため、やりたいと思ったことに挑戦する機会も多くあります。他楽器の先生の授業を受けたり、邦楽の楽器とのアンサンブルに参加したりと、経験の幅を広げる毎日です。専攻科への進学を決断したことは、演奏を続ける覚悟を自分自身に再確認する機会にもなりました。やりたいことが一気にできる2年間Student’s voice専攻科音楽専攻声楽専修2年中村昭子さんAkiko Nakamura長野県私立伊那西高等学校 出身芸術科の頃、合唱メンバーとしてオペラ実習に参加。これがきっかけでオペラをもっと深く学びたいと思うようになり、進学を決意しました。オペラ実習は、音楽面は音楽専攻、演出面は演劇専攻の教員から本格的に指導を受けられるのが魅力です。声を安定させるだけではなく、曲の背景を踏まえて歌うことができるようになったのは、進学してからの大きな変化だと感じています。到達点はない一生歌い続けたいStudent’s voice専攻科音楽専攻ピアノ専修1年伊藤小晴さんKoharu Ito福岡県私立福岡女学院高等学校 出身専攻科では、アウトリーチや音楽療法の授業などで学外で演奏する機会が増えます。高齢者施設を訪問したとき、私が弾き始めたよりも遅いテンポで歌われたことがあり、相手に合わせた臨機応変な演奏の大切さを実感しました。小学校では、子どもたちが楽器に興味を持って質問してくれることも。人を癒やしたり元気にする力のある音楽に関われていることに、誇りを感じます。音楽の力で人を元気づけたいStudent’s voice専攻科音楽専攻管弦専修(弦楽器)1年豊田泰子さんYasuko Toyoda静岡県私立不二聖心女子学院高等学校 出身趣味で続けていた音楽を本格的に学びたいと思い、社会人入試で入学しました。芸術科在学中に独学での癖に気づき、克服を目指して進学を決意。専攻科では、授業や授業外の自主企画などで、さまざまな楽器とのアンサンブルに挑戦する機会が増え、練習の場面でも表現を掘り下げられるようになりました。アンサンブルの一体感が好きなので、信頼できる仲間がいる今の環境は魅力的です。仲間との演奏に確かな手応えを感じるStudent’s voiceToho Gakuen College of Drama and Music 37

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です