桐朋学園芸術短期大学 GUIDE 2018
32/44

Messageピアノ専修/荻野千里 教授スタートラインは皆異なります。実技担当者は、その一人ひとりにきめ細かく対応します。意識を高め、知識を拡げ、2年後には成長した自分を必ず実感できます。充実した個人レッスンは当然のこととして、定期演奏会での合唱やオペラ実習の公演を、声楽専修の学生が中心となって皆で創り上げていきます。少人数ならではの絆を一緒に作っていきましょう。声楽専修/松井康司 教授学生たちは皆非常に熱心で、主科実技はもちろんのこと、管楽アンサンブル、室内楽の授業などを熱心に取り組んでいます。受験生の皆さんも、一緒に練習浸けの学生生活を過ごしましょう。管弦専修(管楽器)/永井由比 講師第一線で活躍する教授陣が、きめ細やかな音楽表現を指導教員紹介[教授陣の紹介(2017年度)]野坂惠子 特別招聘教授/箏東京藝術大学修士課程修了。二代目・野坂操壽。二十絃箏、二十五絃箏を開発、発表。94年より伊福部昭氏に師事。芸術選奨文部科学大臣賞、日本藝術院賞、中島健蔵音楽賞、エクソンモービル音楽賞など多数受賞。03年紫綬褒章、09年旭日小綬章を受章。現在は、公益社団法人日本三曲協会常任理事を務めるほか、生田流箏曲松の実會主宰者でもある。ゲームミュージック作曲家の第一人者で「ファイナルファンタジー」の音楽を生み出し、シリーズの大半の曲を手掛ける。近年では、ゲーム作品はもとより映画、アニメ、ライブ活動などさまざまな音楽シーンで世界的な活動を展開している。第14回日本ゴールドディスク大賞で、「ソング・オブ・ザ・イヤー」(洋楽部門)を受賞。野口龍 特別招聘教授/フルートABC交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、読売日本交響楽団など、23年間オーケストラ奏者として活躍。70年「室内楽‘70」を結成し、日本の現代音楽紹介に努める。02年第11回朝日現代音楽賞受賞。東京フルートアンサンブルアカデミーメンバー。白尾隆 特別招聘教授/フルート桐朋学園大学音楽学部、フライブルク国立音楽大学卒業。インスブルック交響楽団首席フルート奏者を経て帰国。サイトウ・キネン・オーケストラの内外の公演に参加。バッハ・ゾリステン、安田弦楽四重奏団との共演も重ねる。バッハを中心とするバロック音楽を重点に置きながら、古典から現代まで幅広い演奏活動を展開。植松伸夫 特別招聘教授/作曲家・プロデューサー松井康司 教授/声楽武蔵野音楽大学卒業。ドイツ国立フライブルク音楽大学大学院課程修了。日本音楽コンクール、奏楽堂日本歌曲コンクール等に入賞。主にドイツ歌曲と日本歌曲を中心に活動。オペラにおいては個性的な脇役にて高い評価を得ている。二期会、東京室内歌劇場会員。調布市せんがわ劇場音楽コーディネーター。荻野千里 教授/ピアノ第43回日本音楽コンクール第2位。桐朋学園大学音楽学部首席卒業後、ドイツ政府給費留学生として渡独、ミュンヘン国際コンクール第3位等の入賞を果たす。リサイタルをはじめ、主要オーケストラとの共演、レコーディング、テレビ出演、また外来演奏家との共演も多い。近年は、荻野美晴と共に、ピアノデュオのコンサートも開催。奥田雅代 教授/ヴァイオリン東京藝術大学附属高等学校、東京藝術大学音楽学部器楽科を経て同大学院修了、その後ロンドンに留学。在学中、安宅賞を受賞。第45回日本音楽コンクール第3位、他数々のコンクールで入賞。84年~06年、東京都交響楽団に在籍し、その間第1ヴァイオリン首席奏者を務める。アルファ弦楽四重奏団メンバー。現在、ソロ、室内楽で幅広く活動している。池田哲美 准教授/作曲桐朋学園高等学校音楽科、桐朋学園大学作曲科卒業。作曲を三善晃、末吉保雄に師事。国内外の発表会、NHK-FM、衛星放送、CD等で発表。本学はじめ桐朋学園大学で、後進の指導にあたる。主な作品に、「ストラッグリング・ポイント~ソロ・ヴァイオリン、ピアノと室内オーケストラのための」(1989)、「彩雲~フルートとピアノのための」(1997)、室内オーケストラのための「クワジ・プレザンス」(2015)など。アール・レスピラン同人。永井由比 専任講師/フルート桐朋学園大学短期大学部研究生修了。東京音楽コンクール、現代音楽演奏コンクール等入賞。これまでにISCM国際現代音楽祭や諸外国での公演を行う等、現代音楽分野で活発に活動。また子ども対象に音楽アウトリーチ、ワークショップを全国各地で行う。(財)地域創造公共ホール音楽活性化事業支援アーティスト。滝田美智子 教授/箏10歳より、二代目野坂操壽に師事。東京音楽大学卒業、邦楽演奏コース修了。在学中、第4回パンムジークフェスティバル邦楽器コンクール独奏部門1位・ドイツ大使賞受賞。NHK邦楽技能者育成会22期修了。日本音楽集団に10年間在籍後、現在オーケストラアジア在籍。二十五絃箏によるリサイタル5回開催(第一回は二十絃箏による)。生田流箏曲松の実會師範。藤井洋子 特別招聘教授/クラリネット桐朋学園大学音楽学部器楽器科在学中に渡仏。フランス国立パリ高等音楽院クラリネット科、室内楽科を1等賞で卒業。これまでに第1回日本クラリネットコンクール第1位、第2回日本管打楽器コンクール第2位(1位無し)、トゥーロン国際コンクール銀メダルを受賞。現在は、読売日本交響楽団首席クラリネット奏者を務める。福田恵子 特別招聘教授/作曲東京藝術大学附属高等学校を経て、同大学作曲科を卒業。同大学院修士課程修了。桐朋学園大学で30年以上、その他横浜国立大学等で後進の指導にあたり、09年より現職。作品は「アンサンブル室町」の委嘱による源氏物語から「花摘む末に」、その他「間隙の揺らぎ」「鳶色の視線」等。作曲家の会「環」及び「OTOの会」「日本現代音楽協会」各会員。32 Toho Gakuen College of Drama and Music

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です