桐朋学園芸術短期大学 GUIDE 2018
25/44

URSE豊かな感性と思考力を備え生涯音楽に寄り添う音楽と向き合う2年間授業「管楽アンサンブル」木管五重奏を1年通して演奏します。ローテーション形式で発表があるので、練習は欠かせません。自主練習個人レッスンに向けて自分の曲を練習。空き教室を予約して、静かに自分の音楽と向き合います。定期演奏会調布市文化会館たづくりで「フルート協奏曲」(B.ロンベルク)を披露しました。丁寧な指導のもとのびのびと成長できる桐朋の先生方は、学生の努力や個性を大切にしてくださいます。実技試験後にも一人ひとりに丁寧に講評を伝えてくれるので、練習の励みになります。私の演奏への姿勢を変えてくれたのは、アウトリーチの授業でした。ホールだけが発表の場だと思っていましたが、聞き手への歩み寄りで成り立つ演奏があると知り、音楽を「届ける」ことを意識するようになりました。今では自主的にアンサンブルを組み、学外の演奏会に出演することも。音楽を一生続けて、憧れの先生や先輩方に少しでも近づきたいです。芸術科音楽専攻管弦専修(管楽器)2年中村音舞さんNemu Nakamura長野県立小諸高等学校 出身Toho Gakuen College of Drama and Music 25

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です