桐朋学園芸術短期大学 GUIDE 2018
13/44

7月9月11月2月業卒科攻専2年次試演会舞台公演を通して学んだことは?● 必死に稽古する中で、自分が目指す表現に気がつけた● 1つの舞台のために、協調性を持つことの大切さを知った● 演劇に対する新しい価値観がうまれた● スタッフワークの大切さが身にしみた1回の公演にかける稽古日数1日の稽古時間平均50日平均4時間(授業時間を除く)大掃除桐朋祭大掃除12月実技公開試験東京演劇大学連盟狂言、日本舞踊、ダンス、歌唱など、1年後期より1年かけて学んだ専門分野の成果を発表する場。保護者の皆様にも公開されるので、観客に感動を与えられるレベルが求められます。外部の方たちに評価していただく機会として試演会を設けています。この試演会は、学生たちが表現者を目指して成長していくための試練であり、また大きな励みでもあります。卒業公演系統的かつ段階的カリキュラムの最後に位置づくのが卒業公演です。公演は六本木の俳優座劇場で行われ、その舞台は演劇関係者の注目を集めています。もっと自分を磨きたい大舞台で感じた成長Voice東京演劇大学連盟は、演劇の実技教育を担う都内の5大学(桜美林大学、玉川大学、多摩美術大学、日本大学、桐朋学園芸術短期大学)が集い、2013年に設立。実技教育や舞台芸術創造の体系化を目指し、さまざまな共同プロジェクトを支援しています。2013~16年の9月には、5大学から学生が集まり、連盟が後援する共同制作作品が上演されました。文化庁の助成も得て、演劇実技教育の交流、共同研究の機会が設けられるなど、次代の演劇人を育成する環境づくりが進められています。「昔々日本」という作品で3姉妹の長女を演じました。他大学の学生と舞台を共にしたことで、大学や学生によって演劇との関わり方が違うことを知り、刺激を受けました。生活の全てが演劇で満たされた毎日ですが、日々の積み重ねが表現につながることを意識して、自分自身をより豊かにしていきたいと思っています。演劇専攻Drama Course専攻科演劇専攻1年さん野寄由莉Yuri Noyori静岡県私立浜松海の星高等学校 出身day 1顔合わせ全体スケジュール調整オーディションダンス稽古本読みキャスト決定、立ち稽古day 10day 11day 19建て込み稽古day 30本番day 57試演会稽古スケジュールVOICE 稽古編一人ひとりのキャストに、演出家から細部の指導が入ります。役者としてだけではなく、照明部のチーフとしての仕事からも多くを学びました。劇中でさまざまな役を演じ分けたので、気持ちの切り替えには苦労しました。Toho Gakuen College of Drama and Music 13

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です