桐朋学園芸術短期大学 GUIDE 2018
12/44

1年次に実施する演技発表会、2年次に実施する実技公開試験、試演会、そして卒業公演。系統的かつ段階的なカリキュラムで基礎から学べる演劇専攻は、定期的に用意されている実践の場で成り立っています。訓練と公演を繰り返す桐朋の学びはすべてが実践的。個性を伸ばし、豊かな表現力を獲得していきます。1年次4月9月12月3月7月海外研修(希望者)演技発表会芸術科演劇専攻ミュージカルコース2年田中麻鈴さんMarin Tanaka福岡県私立筑陽学園高等学校 出身舞台裏の57日訓練と公演を繰り返し、実践力を身につける2年間行事の流れ新入生歓迎行事八ヶ岳合宿大掃除東京演劇大学連盟公演演技発表会大掃除新緑の高尾山ハイキングと小劇場での新入生歓迎会。先輩たちの熱いステージを観ることで、1年後の成長した自分の姿を想像し、目標を明確にしていきます。演劇専攻の伝統のイベント。八ヶ岳高原寮に3泊4日で宿泊し、学生間の親交を深めながら、グループごとの作品発表では集団創作に取り組みます。桐朋祭学生たちの自主企画だけで行われる芸術短大にふさわしい文化祭。ダンスパフォーマンスの発表、音楽専攻とコラボレーションした公演、作・演出から学生が手がける公演など、毎年力作が並びます。日々の授業で身につけた演技力、歌唱やダンスの技術を発表する演技発表会。各クラスのチームワークを発揮するために、2本の作品を発表しあい切磋琢磨します。世界各地の演劇事情を視察するとともに、演劇教育機関で行われる授業やワークショップにも参加します。現地での訓練を体験することで、世界で通用する舞台表現を学んでいきます。心も身体も強くなる日々舞台に立ったときの達成感を胸に桐朋を志望したのは、2年という短期間に集中して学び、いち早く現場に出て挑戦できるためです。日々の授業や稽古で、心身ともに鍛えられているという実感があります。2年次後期からは試演会の稽古もはじまり、多忙を極める毎日です。ヒッピーの集団を描いた舞台を上演しましたが、登場人物のリアルな姿を表現するために、仲間と関連する映画を見たり、時代背景を調べたりしながら役作りをしました。困難なこともたくさんありますが、仲間と団結してひとつの芝居を作り上げる時間は何より魅力的で、夢中になって毎日過ごしています。12 Toho Gakuen College of Drama and Music

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です