桐朋学園芸術短期大学 GUIDE 2018
11/44

2年前期 2年後期 演劇専攻の授業の魅力は?実践的な授業が多いことさまざまなジャンルの教員の授業があることプロの演出家から直接学べることスタッフワークが学べること基礎から学べることその他VOICE 授業編25.3%20.4%18.8%12.7%9.6%13.2%その他コメント他者が観て、感動する表現を習得プロとして通用するクオリティの表現を身につけることが2年前期の目標です。観客に感動を与えられるレベルまで、演技や歌やダンスの多様な表現を身につけ、「表現者」としての技術や心構え、存在感を高めていき、説得力のある表現ができる俳優を目指します。観客の前で演じることで、役を完成させる試演会や卒業公演といった、一般公開する公演が柱となる2年後期。一人の表現者として2年間で習得した知識や技術をまとめ、それぞれのコースに分かれて作品創りを行います。俳優として観客の前で演じることで演技の意味を理解し、役を完成させていきます。演劇専攻Drama Course2年という短期間で、集中的に演劇の勉強ができる少人数で、教員から熱心な指導が受けられる学生をプロとして扱って指導してくれるアンサンブルの大切さを学べる● ● ● ● 8:20登校8:40自治会ミーティング11:50ダンス自主稽古試演会 歌レッスン休憩17:30公演DVD鑑賞16:0012:40試演会稽古18:00帰宅22:001日のスケジュール「演劇を通して英語を学ぶ」授業です。英語の教科書は使いません。心を開いて、楽しんで、身体を使いながら感じたことを英語で表現することを学びます。演劇英語ストレートプレイ、ミュージカル、どちらのコースに進むとしても、基礎となる「演技力」は必須です。1年前期に、台本の読み方、発声、身体表現などの演技の基礎をクラスごとに学びます。全員必修の授業です。基礎演劇演習1年前期に舞台芸術全般にわたる基礎的な知識を学びます。舞台俳優として最低限知っていなくてはいけない芸術的、思想的、歴史的背景などを、舞台未経験者でも理解できる丁寧な講義です。舞台芸術概論第一線で活躍する、ストレートプレイ系、ミュージカル系などのさまざまな演劇人・アーティストをお招きし、集中的に独自のメソッド、演技術、芸術観を学びます。現代舞台芸術の多様性を知りましょう。ワークショップジャズダンスを通して、身体を鍛え、豊かな表現力と感性を磨きます。習熟度別のクラスで、レベルに応じた指導が受けられます。レッスン・アシスタントによる補習もあり、確実に技術を向上させることができます。ジャズダンス桐朋での学びの総まとめである「試演会」と「卒業公演」。2年間で学んだことを、学内外のプロの演出家、スタッフによる指導のもと、公演という形で結実させます。演劇の礎はキャストとスタッフのチームワークだと体感します。劇上演実習自らの表現をプロレベルまで高める向 上学んだ知識や技術の集大成総 合 化試演会に向けて、空き教室を予約して友人とダンスの稽古です。自治会長として学生をまとめ、先生方や音楽専攻とのパイプ役を務めています。図書館では、取り組んでいるテーマに近い作品や先輩方のDVDをよく見ます。Toho Gakuen College of Drama and Music 11

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です