演劇専攻 GATS国際演劇フェスティバル参加

トップページ  > イベントレポート  > 演劇専攻 GATS国際演劇フェスティバル参加

9月18日~28日に中国北京にある中央戯劇学院で開催されたGATS国際演劇フェスティバルに参加しました。

「夏の夜の夢」(演出:越光照文・三浦剛)

「ミュージカル若草物語」(演出:越光照文・三浦剛)

 GATS (Global Alliance of Theatre Schools) は、世界中の演劇専攻課程をもつ高等教育機関で構成されている国際的な組織です。世界14ヶ国からその国を代表する高等教育機関が加盟しており、桐朋学園芸術短期大学は日本代表としてGATSに加盟しています。
 第三回となるGATS国際演劇フェスティバルは9月18日から28日まで、北京の中央戯劇学院で開催されました。参加校は大会の課題戯曲であるウィリアム・シェイクスピアの「夏の夜の夢」と自国の演劇を上演する「ナショナルパフォーマンス」の二作品を上演し、更に各国共にワークショップの交換を行いました。本学は、9月21日午後、夏の夜の夢の翻案テキストとして「恋でいっぱいの森」(作:福田善之)を上演。23日には佐藤晃子さんによるワークショップ。そして25日にはナショナルパフォーマンスとして「ミュージカル若草物語」(作:福田善之)を上演致しました。全てのパフォーマンスで世界中の学生たちから好評を頂き、最終日の「若草物語」では観客総立ちのスタンディングオベーションを頂きました。
 その後のインタビューでは中央戯劇学院の学生たちから闊達な質問がなされ、日中間の交流も深めました。
 また、9月26日の閉会式および表彰式において、専攻科1年の石川修平が「最優秀演技賞」、専攻科1年の近藤陽子が「優秀演技賞」を受賞いたしました。
 「最優秀演技賞」に輝いた石川修平には北京市より4ヶ月間の北京留学生奨学金が提供されました。

参加学生

1竹内大樹専攻科演劇専攻2年
2池田早紀専攻科演劇専攻2年
3石川修平専攻科演劇専攻1年
4守屋慶二専攻科演劇専攻1年
5竹本優介専攻科演劇専攻1年
6近藤陽子専攻科演劇専攻1年
7萱沼春菜専攻科演劇専攻1年
8大川健斗芸術科演劇専攻2年
9田中崚芸術科演劇専攻2年
10江黒仁美芸術科演劇専攻2年
11松井彩加芸術科演劇専攻2年
12三浦葵芸術科演劇専攻2年
13椎名慧都芸術科演劇専攻2年
14由澤里奈芸術科演劇専攻2年

同行スタッフ

1越光照文学長演出
2三浦 剛共同演出
3橋本 剛照明
4平井隆史音響
5佐藤晃子ムーブメントシーン構成・ワークショップリーダー
6高畠愛ピアノ伴奏

石川修平が最優秀演技賞、近藤陽子が優秀演技賞を受賞

専攻科演劇専攻1年 石川修平

【受賞者の声】


石川修平(専攻科演劇専攻1年)

僕はGATSフェスティバルへの参加は二回目になります。過去の経験から海外の学生のレベルがどれだけ高いか、その中で自分達がどれだけのパフォーマンスをしなければ世界に通用しないのかを強く感じていました。
ところが、いざ稽古が始まってみると、それぞれにクラスも学年もバラバラのメンバーで当初は思うように稽古がはかどりませんでした。
しかし、だからこそ全員で一つの作品を創るという想い。
芸術への憧れが芽生えはじめ、
本番が近くなるにつれその想いはどんどん膨らむ一方でした。
そして本番では自分達が思っていた以上の評価をいただきました。
しかしその成果は、みんなの協力や現地でサポートしてくださった方々、わざわざ北京にまでいらしてくれたスタッフの皆さん。そしてなにより演出の越光先生や三浦先生のお力添えなしには成し得なかったのではないと考えています。
この公演に携わってくれた全ての方々への感謝を忘れず、これからも日々精進していきたいと思います。








専攻科演劇専攻1年 近藤陽子

【受賞者の声】


近藤陽子(専攻科演劇専攻1年)


今でも、終演直後に舞台袖で、皆と抱き合って声も出さず、泣きながら観客の歓声を聞いていたのを思い出します。本番が終わっても、ずっと心臓がバクバクいっていました。
本番に至るまでの毎日がとても濃い一日で、いろんなこともたくさんあったけれど、どんなことがあっても思いは一つでした。作品に対する思い、表現するということへの憧れが胸にあったから、この約1ヶ月半、走り切ることができたのだと思います。
家族よりもはるかに長い時間を一緒に過ごし、芝居のことでこんなにも熱くなって、真剣に創っていける、試行錯誤を繰り返すことのできる、そんな稽古場が私は大好きでした。
そして、私達を叱咤激励し、いかなる時も愛をもってご指導くださった、越光先生、三浦先生、佐藤晃子さん、そして背中を押してくれた母、をはじめとする、この公演に関わってくださったすべての方々に感謝いたします。また、こんなにもたくさんの愛でいっぱいの環境で、演劇することができ、また海外の方々とも演劇を通して交流できたこと、幸せに思います。この経験を生かし、これからも精進していきたいと思います。

桐朋見聞録コラム

演出:越光照文学長のコラムが掲載されております。
興味のある方は、ご覧ください。  越光先生コラムはこちらから

中国北京 中央戯劇学院ホームページ

中央戯劇学院HP(クリック
「ミュージカル若草物語」を伝えるページはこちら(クリック
日本ワークショップを伝えるページはこちら(クリック
表彰式の様子を伝えるページはこちら(クリック