2014年度音楽専攻オープンキャンパス①

トップページ  > イベントレポート  > 2014年度音楽専攻オープンキャンパス①

ヴァイオリン・コンサート
~山内達哉の織りなす音楽の風景画~ 日本とスコットランドを歩いて

10月18日(土)に音楽専攻オープンキャンパスを開催しました。

当日は秋晴れに恵まれ、多くの来場者に恵まれました。
今回のオープンキャンパスでは、まず最初に、本学卒業生で現在非常勤講師の、作曲家でもありヴァイオリニストの山内達哉先生によるコンサートが行われました。山内先生は本学での勉学に励まれた思い出や、やり続ける(音楽を)ことの大切さ、夢を思い続け、それを叶えるために何が必要かを考えて、実行していくことなど、これから夢を持って受験を考えている参加者の皆さん、学生のみんなにお話をしてくださいました。
その後、音楽専攻主任の松井先生の学校説明があり、学費のこと、実技レッスンやオーケストラ、室内楽などの演習、海外研修旅行の詳細など、桐朋学園大学音学部の3年次編入について、の話をいたしました。

その後行われた「初心者のためのソルフェージュ講座」では、本学教授の福田先生が、ソルフェージュと、楽典の基礎を、経験がない方や、久しぶりで自信がない参加者の方々に、音階のこと、初級の聴音や楽譜の書き方などを分かりやすく、丁寧に指導をしてくださいました。
ソルフェージュや楽典、音楽理論が全くの初心者で何も分からない方でも、ご安心ください。入学後の初回授業時に、習熟度を測るためにまずクラス分け試験を行います。ソルフェージュの授業ではその結果に基づいて、レベルごとにクラスを分けをし、また楽典に関しても、音楽理論基礎として前期の授業で、一から基礎を丁寧に指導いたします。
これまでに在学生でも、入学時点では、ソルフェージュについて全く何もわからない・どうしよう!!というレベルの方がいたことがありますが、毎週の授業だけではなく補習や追試の機会を設け、卒業までにある程度の理解が可能になるよう指導してきた実績があります。それも「小規模校」ならでは目が行き届く教育が行えます。

次回12月6日(土)に開催されるオープンキャンパスでは、本学卒業生のミュージカル女優松本昌子さんのコンサートを企画しています。昨年まで10数年にわたり劇団四季で活躍していた彼女が紡ぐミュージカルの名曲をお楽しみください。