グローバルナビゲーションへ

メインへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ  > ニュース  > 台風19号接近に伴う授業の対応について

台風19号接近に伴う授業の対応について


重要連絡

【終了】台風19号接近に伴う授業の対応について


2014年10月13日(月) 15:50現在

 明日14日(火)は1限目から平常授業とします。学生の皆さんは安全に気を付けて登校してください。
 ただし、天候等の事情により、やむを得ず休講となる場合は、明朝7時ごろまでに安否確認システムおよびホームページで連絡をします。


2014年10月11日(土) 13:00現在

 10月13日(月)から10月14日(火)にかけて、台風19号が関東地方に接近するおそれがあります。当日の授業の実施については、原則として下記のとおりとします。

1.午前6時現在、東京23区または多摩地区に暴風警報(大雨・洪水警報は対象外)が発令されている場合、もしくは台風の影響で京王線(高尾線は除く)が運休の場合、1・2限の授業は休講とする。
2.午前10時現在、東京23区または多摩地区に暴風警報(大雨・洪水警報は対象外)が発令されている場合、もしくは台風の影響で京王線(高尾線は除く)が運休の場合、3~5限の授業は休講とする。
3.授業開始後に警報が発令された場合は、次の時限以降の授業を休講とする。


★現時点では、10月13日(月)の授業は通常通り実施予定です。
  自宅周辺や通学ルートの天候、交通機関の運行状況、安全を確認して登校してください。

★10月14日(火)の授業については、対応が決定しだい安否確認システムおよびホームページでお知らせします。

  • 教育情報の公表
  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • イベント情報
  • イベントレポート
  • 入試Q&A
  • キャンパスライフ
  • 活躍する先輩たち
  • 教学課からのお知らせ
  • 2018年度大学案内