グローバルナビゲーションへ

メインへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ  > 専攻紹介  > 音楽専攻  > 海外研修旅行

海外研修旅行


「音楽専攻」の海外研修旅行についてご案内します。


毎年9月に、希望者を対象として約2週間の海外研修を実施しています。研修先は、ドイツ、チェコ、ハンガリーなどの音楽大学です。2016年度には、チェコのプラハを訪問。プラハ芸術アカデミーをはじめとする著名な教授陣から1週間の集中レッスンを受け、それぞれの課題や長所についてアドバイスをいただきました。その後は、ドイツで音楽家の足跡を巡る旅。成熟した音楽と芸術文化に触れました。海外研修を機に、卒業後に留学の道を選択する学生も増えています。


 1999年度より始まった音楽専攻の海外研修旅行は、今年で17年目を迎えます。この研修旅行は欧米の音楽大学等での実技レッスン研修を中心に据えたプログラムとなります。
 本場の風土に身を置き現地で経験豊かな教授陣のレッスンに接すること、加えてそこに学ぶ各国の学生との積極的な交流は、単に音楽研鑽という視点に留まらず、国際感覚を磨く上でも貴重な体験となっており、日々研鑽を積んでいる実技(ソロやアンサンブル)の研修を本場において体験し、深めることを目的としています。
 本場ヨーロッパの風土に身を置き、現地で経験豊かな教授陣のレッスンに接することは、音楽専攻の学生にとって貴重な体験になっています。

2014年度海外研修参加者の声

音楽専攻51期 管弦専修(弦楽器)  茂呂 貴洋子

半径50cmまでしか届かない音楽になっていると指導を受け、音量を出すための身体と楽器の使い方を学べたことが最大の収穫でした。音楽は伝わらなければ意味がありません。自分の不甲斐なさに落ち込むこともありましたが、奏でた音がどの程度響いているのかに意識が向くようになり、演奏が変わりました。

2013年度海外研修参加者の声

音楽専攻50期 声楽専修  天野 壽理亜

声の出し方から表現方法まで、幅広く声楽のレッスンを受けることができました。「日頃から自分を見つめることで、表現が豊かになる」という指導は、印象に残っています。授業では自分の不甲斐なさに落ち込むこともありましたが、オペラの本場ヨーロッパの空気に触れ、帰国後、先生から「空間での音の響きを意識した歌い方になった」と褒められ、成果を実感しました。

訪問国・研修機関等の一覧

実績
年度
訪問国研修機関研修分野
1999ドイツ国立フライブルク音楽大学ピアノ/室内楽/声楽
2000ドイツ
フランス
国立フライブルク音楽大学ピアノ/室内楽/声楽
2001ハンガリー
オーストリア
国立リスト音楽アカデミー
国立コダーイ音楽教育研究所
ピアノ/室内楽/ヴァイオリン/声楽
コダーイ音楽教育システム入門
2002ドイツ
アメリカ
国立フライブルク音楽大学
ボストン大学芸術学部音楽科
ピアノ/室内楽/ヴァイオリン/声楽
フルート
2003英国
ベルギー
フランス
トリニティー音楽大学(ロンドン)
王立カリヨン専門学校(メッヘレン,ベルギー)
声楽/ピアノ/室内楽/ヴァイオリン/ヴィオラ/フルート/クラリネット
カリヨン体験ワークショップ
2004ハンガリー
スロヴァキア
オーストリア
チェコ
国立リスト音楽アカデミー
国立オーブダ民俗音楽学校
声楽/ピアノ/室内楽/ヴァイオリン/チェロ
マジャール伝統音楽ワークショップ
2005ドイツ
イタリア
国立フライブルク音楽大学ピアノ/室内楽/ヴァイオリン/声楽/その他
2006ポーランド
チェコ
ドイツ
国立ショパン音楽アカデミーピアノ/フルート/その他
2007ハンガリー
ルーマニア
国立リスト音楽アカデミー
同アカデミー民俗音楽科
声楽/ピアノ/ヴァイオリン/フルート/その他
マジャール伝統音楽ワークショップ
2008ドイツ
フランス
国立フライブルク音楽大学声楽/ピアノ/ヴァイオリン/フルート/その他
2009ポーランド
エストニア
ロシア
フィンランド
国立ショパン音楽アカデミーピアノ/フルート/その他
2010ドイツ
オーストリア
国立フライブルク音楽大学声楽/ピアノ/ヴァイオリン/フルート/その他
2011チェコ
オーストリア
ハンガリー
芸術アカデミー声楽/ピアノ/ヴァイオリン/チェロ/その他
2012ドイツ国立フライブルク音楽大学声楽/ピアノ/ヴァイオリン/フルート/その他
2013ドイツリューベック音楽大学声楽/ピアノ/ヴァイオリン/フルート/その他
2014ハンガリーリスト音楽院声楽/ピアノ/ヴァイオリン/フルート/その他
2015ドイツ国立フライブルク音楽大学声楽/ピアノ/ヴァイオリン/フルート/その他