グローバルナビゲーションへ

メインへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ  > 専攻紹介  > 音楽専攻  > 活躍する先輩たち

活躍する先輩たち


第一線で活躍する「音楽専攻」の先輩たちをご紹介します。


郡  愛子[声楽家]4期
 文化庁芸術祭賞受賞、世界3大テノールと共演、ジローオペラ賞連続受賞。三菱自動車ディアマンテCM出演。
田  月仙[声楽家]13期
 日韓文化交流基金賞受賞。NHK「海峡を越えた歌姫」放映。
本多 まき[フォルテピアノ奏者]26期
 ルーアン市立コンセルヴァールピアノ伴奏講師。
滝澤 志野[ウィーン国立歌劇場専属ピアニスト]33期
 2011年よりウィーン国立歌劇場バレエ団専属ピアニスト。
大塚  茜[フルーティスト]35期
 ルーマニア国際音楽コンクール管楽器部門第一位受賞。東京フィル、関西フィル、名古屋フィル、読売交響楽団等、ソリストとして共演。
山内 達哉[ヴァイオリニスト]37期
 第一回埼玉県グローバル賞、ASAGO国際音楽祭音楽監督。外務省在外公館長表彰受賞。
いちむじん[ギターデュオ]39期
 NHK大河ドラマ『龍馬伝』紀行エンディング曲担当。
入江 要介[尺八奏者]40期
 八橋検校日本音楽コンクール第一位受賞。読売新聞社賞受賞。邦楽コンクール第一位。TV出演「スタードラフト会議」等
佐藤 亜美[箏奏者]41期
 賢順記念全国箏曲祭賢順賞、全国邦楽コンクール最優秀賞。

滝澤志野

ウィーン国立歌劇場専属ピアニスト
音楽専攻33期

大阪府出身。幼少よりピアノと作曲を学ぶ。桐朋学園大学短期大学部芸術科音楽専攻卒業、同短大専攻科音楽専攻修了。
第1回堺ピアノコンクール金賞、第1回21世紀ピアノコンクール金賞、2001年ピティナピアノコンペティション全国大会入賞。専攻科在学時よりオペラとバレエの伴奏に携わり、舞台芸術のコレペティを志す。2004年より新国立劇場バレエ団のピアニストに就任。
バレエ伴奏のスペシャリストとして、都内はもとより日本各地で仕事するようになるが、本場ヨーロッパの劇場にて更なる研鑽を積みたいとの思いが大きくなる。2011年冬、欧州の各主要劇場に就職活動にでかけ、なかでも一番の憧れだったウィーン国立歌劇場と契約を結ぶ。2011年9月、ウィーン国立バレエ団専属ピアニストとしてウィーンに移住。2013年3月、バッハピアノ協奏曲1番d-mollをウィーン国立歌劇場管弦楽団と共演。2013年11月にも再演予定。芸術の真髄を目指し、日々研鑽を積んでいる。

山内達哉

ヴァイオリン・作曲・音楽監督
音楽専攻37期

 宮崎県都城市出身、桐朋学園大学短期大学部音楽科卒業。「日本の心」と題し、日本の歴史や風景をテーマにオリジナル曲の作曲や、ヴァイオリンと尺八との共演などジャンルの枠を超えた独自の音楽世界を展開する。その活動は、海外でも好評を博し、これまでに「外務省在外公館長表彰」授与「第一回埼玉県グローバル賞」受賞「埼玉県親善大使」、「都城市特派大使」を委嘱される。作曲・演奏活動と共に、音楽祭のプロデューサーや音楽監督も務める。
 2014年度より本学非常勤講師を務める。

いちむじん

クラシックギターデュオ(宇高靖人・山下俊輔)
音楽専攻39期

在学中、日本重奏ギターコンクールにて優勝。
NHK大河ドラマ「龍馬伝」龍馬伝(第一章)エンディング紀行テーマ曲担当。ミサワホームTVCM(2010年4月22日~10月)」音楽担当。他に、TVドラマ「アンフェア」、「ブスの瞳に恋している」、「熟年離婚」、「つばさ」等の挿入曲や映画「沈まぬ太陽」のサウンドトラック担当。TV・ラジオ・雑誌等への出演や全国的なコンサート活動も積極的に行っている。
いちむじん、とは土佐弁で「一生懸命」という意味。

メッセージ
ぜひ「夢」をもって大学生活を過ごしてもらいたいと思います。人間弱い部分は必ず持っています。そんな自分にどう勝っていくかが勝負だと思います。常に自問自答し、自分のキャラクターをしっかりと定めて、目標に向かって日々一生懸命に過ごしていれば、絶対に何かが生まれてきます。失敗に終われば、次にどうすれば成功するか。成功に終われば、もっと次をいいものにするか。考え方ひとつで視野も広がるし、必然的に自分の周りに人が集まってくるでしょう。 未来の自分のためにもぜひ「夢」を持ち、「いちむじん(一生懸命)」になって頑張ってください。 「 世に生を得るは事を成すにあり」(坂本龍馬)