グローバルナビゲーションへ

メインへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ  > 専攻紹介  > 音楽専攻  > 教授・講師紹介  > 専任教員・特別招聘教授 等

専任教員・特別招聘教授 等


「音楽専攻」の専任教員・特別招聘教授をご紹介します。


松井 康司 教授

声楽
武蔵野音楽大学卒業。ドイツ国立フライブルク音楽大学大学院課程修了。日本音楽コンクール、奏楽堂日本歌曲コンクール等に入賞。主にドイツ歌曲と日本歌曲を中心に活動。東京室内歌劇場代表理事。

荻野 千里 教授

ピアノ
第43回日本音楽コンクール第2位。桐朋学園大学音楽学部首席卒業後、ドイツ政府給費留学生として渡独、ミュンヘン国際コンクール第3位等数々受賞。リサイタル、オーケストラとの共演、レコーディング多数。

滝田 美智子 教授


10歳より、二代目野坂操壽に師事。東京音楽大学卒業、邦楽演奏コース修了。二十五絃箏によるリサイタル5回開催など演奏活動多数。著書<箏教則本>生田流箏曲松の実會師範。

東井 美佳 准教授

ピアノ
東京藝術大学附属高校、同大学を経て、同大学院修了。フライブルク音楽大学大学院ピアノ科及び歌曲伴奏科修了。内外の著名な演奏家と多彩な演奏活動を行なっている。

池田 哲美 准教授

作曲
桐朋学園大学作曲科卒業。作曲を三善晃、末吉保雄に師事。国内外の発表会、NHK-FM、衛星放送、CD等で発表。本学はじめ桐朋学園大学で、後進の指導にあたる。

井上 由紀 准教授

声楽
国立音楽大学声楽科卒業、同大学院修了。その後イタリア・ミラノ音楽院にて学ぶ。現在、バロック期から現代までの歌曲・宗教曲、日本歌曲などを中心に演奏活動を行う。

鈴木 千恵子 准教授

音楽療法
桐朋学園大学短期大学部ピアノ専攻卒業。山梨大学附属養護学校を経て大学教育に携わり、音楽療法士の養成や後進の指導にあたる。国際学会等にて研究発表。認定音楽療法士。

志村 寿一 准教授

ヴァイオリン
マネス音楽大学卒業、修士取得。在学中アーティスト・インターナショナル・オーディション入賞。マネス・コンペティション優勝。ニューヨークを中心に演奏活動を行う。

永井 由比 専任講師

フルート・アウトリーチ
桐朋学園大学短期大学部研究生修了。東京音楽コンクール、現代音楽演奏コンクール等入賞。(財)地域創造公共ホール音楽活性化事業支援アーティスト。

野口 龍 名誉教授

フルート
ABC交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、読売日本交響楽団など歴任。「室内楽 ‘70」を結成し、日本の現代音楽紹介に努める。第11回朝日現代音楽賞受賞。

植松 伸夫 特別招聘教授

作曲家・プロデューサー
ゲームミュージック作曲家の第一人者で「ファイナルファンタジー」の音楽を生み出し、シリーズの大半の曲を手掛ける。第14回日本ゴールドディスク大賞で、「ソング・オブ・ザ・イヤー」(洋楽部門)を受賞。

白尾 隆 特別招聘教授

フルート
桐朋学園大学音楽学部、フライブルク国立音楽大学卒業。インスブルック交響楽団首席フルート奏者を経て帰国。バロック音楽から現代まで幅広い演奏活動を展開。

野坂 惠子 特別招聘教授


東京藝術大学修士課程修了。二代目・野坂操壽。二十絃箏、二十五絃箏を開発・発表。03年紫綬褒章、11年日本藝術院賞、15年文化功労者を授章。現在、公益社団法人日本三曲協会常任理事ほか。

福田 恵子 特別招聘教授

作曲
東京藝術大学附属高等学校を経て、同大学作曲科を卒業。同大学院修士課程修了。当学には1998年より勤務。平行して作曲活動。現在「OTOの会」「日本現代音楽協会」各会員。

藤井 洋子 特別招聘教授

クラリネット
桐朋学園大学音楽学部器楽器科在学中に渡仏。フランス国立パリ高等音楽院修了。トゥーロン国際コンクール、第2回日本管打楽器コンクール等優勝及び入賞。現在は、読売日本交響楽団首席クラリネット奏者を務める。

宇佐美 博子 教授

教育学・音楽教育学
国立音楽大学卒業後、千葉大学大学院教育学研究科修了。中学校音楽科教諭、校長を経て、聖徳大学教授として教員養成に関わる。その間、中央教育審査会委員、全日本音楽教育研究会等の役員を務め、東京都教育委員会表彰を学校経営で受賞。

野間 哲 教授 

近世文学・演劇教育
二松学舎大学大学院博士課程・近世文学専攻。全国・関東高等学校演劇協議会顧問。37年間、神奈川県立高校で国語教員を務める。特別活動(部活動)と学習・進学の両立を図るべく、独自の実践教育を推進した。