グローバルナビゲーションへ

メインへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ  > 専攻紹介  > 演劇専攻  > 活躍する先輩たち

活躍する先輩たち


第一線で活躍する「演劇専攻」の先輩たちをご紹介します。


このページの目次


本学出身の先輩紹介

50年間、業界に人材を輩出してきた信頼と実績がバックボーン。

志賀廣太郎
演劇専攻2期[俳優]

1978年より本学演劇専攻非常勤講師、現在に至る。1990年より劇団青年団にて劇団員として活躍中。ドラマ「陸王」「三匹のおっさん」他、映画、CM等多数出演。

永井愛
演劇専攻5期[劇作家・演出家・二兎社主宰]

主な作品に「片づけたい女たち」「歌わせたい男たち」「こんにちは、母さん」「萩家の三姉妹」「ら抜きの殺意」など。鶴屋南北戯曲賞・岸田國士戯曲賞等受賞。

五大路子
演劇専攻6期[女優]

NHK「いちばん星」でデビュー。横浜夢座座長、代表作ひとり芝居「横浜ローザ」。第29回松尾芸能賞演劇優秀賞、第46回長谷川伸賞、横浜文化賞、神奈川文化賞受賞。

浅野和之
演劇専攻7期[俳優]

2005年に第40回紀伊國屋演劇賞個人賞・第13回読売演劇大賞最優秀男優賞受賞。2010年に第18回読売演劇大賞最優秀男優賞受賞。舞台、映画、ドラマ等幅広く活躍中。

篠﨑光正
演劇専攻7期[演出家]

慶応義塾大卒、桐朋短大卒。電劇・シノザキスタジオ主宰。シノザキシステム創設者。ミュージカル「アニー」演出、「ブンナよ、木からおりてこい」等受賞歴多数。元本学教授。

根岸季衣
演劇専攻7期[女優]

1974年、つかこうへい氏作・演出の舞台「ストリッパー物語」の主役でデビュー。第13回紀伊國屋演劇賞個人賞、第20回読売演劇大賞優秀女優賞受賞。

高畑淳子
演劇専攻8期[女優]

劇団青年座所属。文化庁芸術祭賞、紀伊國屋演劇賞、読売演劇大賞、2014年秋の紫綬褒章など受賞歴多数。舞台、映画、ドラマ等で活躍中。

中村梅雀
演劇専攻9期[俳優]

文化庁芸術祭賞、松尾芸能賞、ギャラクシー賞など多数受賞。喜劇から歌舞伎までレパートリーは広い。ベーシストとしてライブや作曲もこなすプロミュージシャンでもある。

林田尚親
演劇専攻16期[ナレーター・舞台俳優]

大沢事務所所属。「世界仰天ニュース」「人生が変わる1分間の深イイ話」「行列ができる法律相談所」など番組、CM、映画告知ほかナレーションを中心に活躍中。

南果歩
演劇専攻17期[女優]

在学中、映画「伽倻子のために」のヒロイン役で映画デビュー。映画、舞台、ドラマなど多岐にわたって魅力を発揮。第32回ブルーリボン賞助演女優賞等受賞。

小山力也
演劇専攻21期[舞台俳優・声優]

劇団俳優座所属。舞台出演する傍ら、声優としても活躍。主な出演作に、海外ドラマ『24』(ジャック・バウアー役)、アニメ『名探偵コナン』(毛利小五郎役)などがある。

朴ロ美 ※「ロ」漢字は、正しくは王篇に路
演劇専攻25期[女優・声優]

LAL所属。舞台「透明な血」「GS近松商店」他。声優として代表作に「鋼の錬金術師」「NANA」「進撃の巨人」など。第1回声優アワード主演女優賞受賞。

冨樫真
演劇専攻28期[女優]

高岡事務所所属。「犬、走る」で第13回高崎映画祭最優秀新人賞受賞。第6回バッカーズアワード演劇奨励賞受賞。独特の存在感で、映画・ドラマ・舞台を中心に活躍中。

斉藤慎二
演劇専攻36期[芸人]

2006年、ジャングルポケット結成。キングオブコント2016準優勝。近年映画「レオン」、舞台「リトルマーメイド・イン・コンサート」に出演し、お笑い以外にも活躍の場を拡げている。

中村美貴
演劇専攻37期[女優]

2003・2004年、「ピーターパン」(鈴木裕美演出)主役、「見よ、飛行機の高く飛べるを」(アントワーヌ・コーベ演出)、「母・肝っ玉とその子供たち」(栗山民也演出)、他多数。

佐々木喜英
演劇専攻41 期[俳優・アーティスト]

俳優、アーティストとして活躍中。2018年は、ミュージカル「黒執事-Tnago on the Campania-」をはじめ、ミュージカル「陰陽師」他、多数の作品への出演を予定している。

Interview

桐朋での学びや出会い全てがいまの私の原点

三浦基
演劇専攻27期[劇団「地点」代表/演出家]

卒業後に文化庁派遣芸術家在外研修員としてパリに滞在、帰国後は京都を拠点に劇団の舞台演出を手掛け、毎年海外での公演も行っています。
俳優志望でありながら、ほとんど舞台を見たことがなかった私は、演劇の基礎すべてを桐朋で学びました。「演出」の魅力に取りつかれ現在に至ったのも、諸先生方との出会いがあったからこそです。俳優座養成所の伝統を受け継ぐ桐朋で学んだ経験は、仕事をする上でも確かな自信に繋がっています。

個性的な演出家たちに鍛えられた2年間

(C)平岩享

岩井秀人
演劇専攻32期[劇団「ハイバイ」主宰/劇作家/演出家/俳優]

桐朋では、ずっと自主練をしていたのを覚えています。稽古場として教室を自由に使えるのは、とても貴重です。反面教師も含めて、さまざまな演出家と出会い、そこに向かって自分の表現を作り続けたことが、いまの自分の財産になっています。周囲に、温度差や細かな違いはあれど、「演劇に関わっていきたい」と思っている仲間がいる環境も、とても大切なことだと思います。

数々の貴重な経験が現在の活動の糧に

スズキ拓朗
演劇専攻39期[演出家/振付家/ダンサー]

現在はコンドルズに所属するとともに、桐朋の友人たちと結成したダンス集団で活動しています。演出の分野では「若手演出家コンクール2013」で最優秀賞をいただくことができました。振付家としても、さまざまな芝居の振付やステージングを担当しています。
在学時に演技はもちろん、多様なジャンルの授業やスタッフワークを経験し、自分の可能性を広げられたことが、多岐に渡る活動に繋がっていると感じています。

劇団四季で活躍する卒業生

限界は自分で決めるものではない

渡邉万希子
演劇専攻39期[女優]

「ミュージカルを本気でやりたいなら芝居を学べ」OCで教授から言われたこの一言が、燻っていた私を桐朋入学へと導いてくれました。不器用な私ととことんまで本気で向き合って下さる先生方、相手の良いところを認め高め合う事が出来る同期に巡り会えたことは私にとって大きな財産です。劇団四季で俳優としてはもちろん子役を指導する時もここでの学びが礎となっております。

『桃次郎の冒険』の観劇をきっかけに俳優を志し、入団以前にもいくつかの舞台に出演した経験がある。2007年研究所入所。『ライオンキング』サラビで四季での初舞台を踏み、『鹿嶋館』『サウンド・オブ・ミュージック』にも出演している。

舞台づくりの知識、技術、心構えを学んだ重要な2年間でした

山下啓太
演劇専攻41期[俳優]

現在、劇団四季に所属しています。学業として演劇を学びたいと思い、桐朋に入学しました。演技の授業はお芝居の稽古そのもの。講師(演出家)のみなさんの多彩な指導に奮闘する毎日でした。ダンスや歌唱などの実技も、ついていくだけで必死でしたが、大きな財産になりました。スタッフワークを含め、桐朋では舞台づくりの全てを凝縮して経験できます。桐朋で出会った講師の方々、同期や先輩、後輩の仲間たちから学んだ、舞台に対する技術や意識は今も自分の中に根付いています。

『ライオンキング』の観劇をきっかけに、四季の舞台に立つことを目指す。大学で演劇を学び、2008年研究所入所。『ライオンキング』で初舞台を踏み、のちシンバ、『アラジン』オマールを演じている。『マンマ・ミーア!』『リトルマーメイド』などにも出演。