グローバルナビゲーションへ

メインへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ  > 専攻紹介  > 演劇専攻  > 3つの方針

3つの方針



演劇専攻は、幅広い教養と高度な専門性を兼ね備えた専門俳優の育成と研究を目的とし、演劇芸術における表現の基本を体得することを目標としています。

ディプロマ・ポリシー

学位授与の方針

演劇を中心とした舞台芸術の理論と歴史を学び、知識を活用して作品の理解を深めることができる。(知識・理解)
演劇、歌唱、舞踊等の表現手段を用いて、他者とともに課題を解決することができる。(思考・判断)
社会における自分の存在意義、自己表現の意味を自覚して、積極的に創造活動を行うことができる。(関心・意欲)
集団の中で協働の役割をはたすことができ、演劇的な技術、知識をもって地域社会および国際社会のニーズに応えることができる。(態度)
俳優、表現者としての基礎的な技術をもち、自分の想像した表現を実現することができる。(技能・表現)

カリキュラム・ポリシー

教育課程編成・実施の方針

 演劇専攻は専門俳優の育成と研究を目的とし、演劇芸術における表現の基本を体得することを目標としている。そのため、以下の三項目を軸として2年間の教育課程を組んで具体化していく。

戯曲を読み解く力
戯曲の読解力を養い、言葉を演劇作品にしていくための想像力を培う。
身体訓練
声を含めた身体訓練を通して、自分の想像した表現を実現する力を身につける。
アンサンブル
アンサンブルに必要な優れたコミュニケーション能力と協働の精神を養う。

アドミッション・ポリシー

入学者受入れの方針

専門俳優または表現者に必要な日本語の読解力がある者。(知識・理解)
習得した知識・技能を活用し、課題に取り組むことができる者。(思考・判断)
演劇のみならず芸術一般に幅広い関心をもち、入学後の勉学について明確な志向と熱意を有する者。(関心・意欲)
基礎的なコミュニケーション能力と協調性があり、集団での創造活動に積極的に参加できる者。(態度)
専門俳優または表現者(ミュージカル俳優、声優、ダンサー、パフォーマー等)を目指し、その技能習得に要する基礎的な身体能力と表現力を有する者。(技能・表現)