グローバルナビゲーションへ

メインへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ  > 専攻紹介  > 演劇専攻  > 専攻科

専攻科


プロの演劇人のための高度な専門教育を展開します

「演劇専攻」専攻科の概要・カリキュラムについてご案内します。


専攻科 演劇専攻の概要

高度な専門教育で実践力を高める「プラス2年間」

専攻科演劇専攻は1968年に設置され、高度な専門教育により演劇界に多くの人材を輩出してきました。
専攻科では、本学演劇専攻卒業生または同等の能力があると認められた者を対象に、年3回の劇上演実習とワークショップを通して実践力を養います。
創設50周年を機に、カリキュラムをさらに充実し、多彩な科目を新たに増設します。

※2018年度より学位授与機構認定専攻科となりました。所定単位を修得し、同審査の審査に合格することで、四年制大学を卒業した場合と同じ「学士」の学位が取得できます。

専攻科修了後の進路としては、劇団、プロダクション、養成所等がありますが、中には自ら劇団を結成する者もおり、活躍の場はますます拡大してきています。演劇専攻の前身にあたる俳優座養成所開設からすでに半世紀が経過。桐朋出身者の活躍は高く評価され、伝統とともにその輪は大きくひろがっています。

一流の講師陣を招いての充実した講義

演劇人としての幅広い教養を身につけることを目的に、一流の表現者および研究者を講師に招いて行われる講義です。学期ごとにテーマが設定され、毎週講師の顔ぶれが変わります。

前期:演劇を創るものたち
谷  賢一   作家・演出家・翻訳家
黒谷  都   人形遣い
松岡 和子   翻訳家・演劇評論家
石原  敬   舞台美術家
坂手 洋二   劇作家・演出家 劇団「燐光群」主宰
内田 春菊   漫画家・作家・俳優
Jean Christian Bouvier   「世界のCMフェスティバル」プロデューサー
安藤 朋子   女優(Theater Company ARICA/元転形劇場)

後期:実践と理論
七字 英輔   演劇評論家
杉原 邦生   演出家
高山  明   演出家・Port-B主宰
中野 敦之   演出家・唐ゼミ主宰
細川慶太郎   タップダンサー
       (元セヴィヨン・グローバー・タップダンスカンパニー所属)

ワークショップ、年3回の劇上演など、実践を重視したカリキュラム

ワークショップ
2017年度は、イギリスの王立演劇アカデミー前校長のニコラス・バーター特別招聘教授の指導のもと、世界の共通言語であるスタニスラフスキーシステムを徹底的に学びました。また、演出家の鵜山仁特別招聘教授による充実した内容のワークショップを受講しました。


劇上演実習
専攻科で学んだことの総決算。「本読み」から「立ち稽古」、「舞台稽古」、そして「本番」と、プロの演出家による徹底した稽古が40日以上におよび、完成度の高い上演を可能にします。