グローバルナビゲーションへ

メインへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ  > イベントレポート  > 入学志望者のためのワークショップ
ステージ・クリエイト専攻

入学志望者のためのワークショップ
ステージ・クリエイト専攻


7月23日にステージ・クリエイト専攻の「入学志望者のためのワークショップ」を開催しました。


 今回のワークショップは、専攻説明に始まり、「舞台照明ワークショップ」と「アートマネジメントの楽しみ-企画制作の実際」の2つのワークショップが開催されました。
「舞台照明ワークショップ」は、舞台照明家の兼子慎平氏を講師に迎え、実技をまじえながら開催されました。まず、参加者全員が照明機材の吊り込みを体験しました。それを基礎にして、明かりの作り方の説明を受けました。その後、スモークマシンで光の筋を作ったり、チェースという明かりがプログラムに従って点滅するという方法のデモンストレーションを行いました。
「企画制作の実際」では、羽藤律准教授が講師になり、様々な舞台上演の趣旨や目的から始まり、企画というものがいかにして立ち上がるのか、例を挙げながら議論を展開しました。一方で、企画を立てるだけではなく、その運営のためにはいろいろなことを知らねばならないことを、学びました。
 アンケートの結果は、非常に好評で、「照明ワークショップ」では、「実際に灯体にさわれてよかった」、「企画制作の実際」では「どのように企画を立て、何を考えて制作することが重要であることがとても良く分かった」等の、積極的な意見をいただきました。
 今後、参加者が、舞台芸術に関していろいろな刺激を受け、舞台芸術に興味をもっていただけることを広く望んでおります。

イベント風景

舞台照明の説明に皆さんも真剣な様子

何もないところにライトを当てると・・・

①こうなります

②こういう当て方もできます

灯体ってコレだよ

灯体を実際に吊ってみよう

灯体コンセントを挿すのが意外とムズカしい・・・
(女の子がやるにはちょっと固いらしい)

ヨシ!できた!!

実際に体験してみてどうでしたか?

照明効果の例

続いて・・・座学「企画制作の実際」

企画制作について理解できたかな?

  • 教育情報の公表
  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • イベント情報
  • 入試Q&A
  • キャンパスライフ
  • 活躍する先輩たち
  • 教学課からのお知らせ
  • 2019年度大学案内