グローバルナビゲーションへ

メインへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ  > イベントレポート  > 2016年度夏のオープンキャンパス

2016年度夏のオープンキャンパス


越光照文学長クロストーク
 演出家 鵜山仁氏(演出家)を迎えて

2016年度の夏は、7月30日(土)、8月27日(土)、2回のオープンキャンパスが開催されました。


演劇専攻レポート

7月:越光照文学長×鵜山仁氏(演出家)との対談

7月オープンキャンパスでおこなわれた鵜山仁氏と本学学長・越光照文のクロストークでは、鵜山氏のキャリアの最初である、なぜ演劇をはじめたかというところから始まって、演劇の持つ力として社会を変える力、演出家の仕事について、新国立劇場の芸術監督や代表作の話など、多岐に渡る話が行われました。また、現在、演出家として多忙を務めている広範の活動についてまで、約1時間、質疑応答も交え、大変魅力的なトークとなりました。

8月:入試デモンストレーション

8月のオープンキャンパスでは、演劇専攻ガイダンスと入試デモンストレーションがありました。本学のカリキュラムの説明の後、在校生たちによる「推薦入試、一般入試」の説明があり、昨年度までの入試の演技、歌唱、ダンス試験のデモンストレーションが行われました。
司会、実演ともにレベルの高い発表を目の当たりにした受験生たちは、緊張した面持ちで固唾をのんで見ていました。その後は、在校生たちの生の声として、10人ほどの学生たちがざっくばらんに学生生活について語りました。
また、近づいてきた桐朋の文化祭である「桐朋祭」を組織する実行委員の学生たちからは、桐朋祭にぜひ来てくださいと宣伝がなされました。その後の個別相談では、本当に数多くの方に入試の事や入学後のことなど様々な質問にお答えいたしました。

音楽専攻レポート

7月:アウトリーチってなんだろう?

当日の進行は、アウトリーチ講座&演奏会 → 音楽専攻ガイダンス → 初心者のためのソルフェージュ講座、そして希望者を対象とする実技診断、個別相談という流れでした。
アウトリーチ講座では、永井先生がいかにして子供たちの心をつかむか、感動を共有できるコンサートとはなどを参加者の皆様に熱心に語りました。
また、この講座は演奏しながら話を進めていくレクチャーコンサートの形式をとっており、話の合間に
  アイリッシュダンス
  ブラームス:ハンガリー舞曲第5番
  モンティ:チャールダーシュ
  が在学生によって演奏されました。

その後行われた専攻ガイダンスでは、学費のこと、少人数教育のメリット、きめ細やかな実技レッスンや室内楽などの演習、また同一法人である桐朋学園大学音楽学部の単位互換制度や、音楽学部への3年次編入の結果報告、第二実技にクラシック音楽と、ポピュラー音楽の作曲、ミュージカルレッスンなどを導入し、多層的な視点から音楽をアプローチしていくことや、金管楽器専修の始動報告、2年間のカリキュラムをほぼ同じ学費で3年かけて学べる長期履修制度など、短大が数年間かけて行なってきた改革等を音楽専攻主任の松井が熱く語りました。

ソルフェージュ講座では初心者の方と経験者のクラスにわかれ、それぞれ聴音、視唱などを経験いたしました。
その後の実技診断、個別相談では、生徒さんや保護者の方が本学教員と学校の詳細や受験のことなど熱心に質問くださり、中には1時間近く面談をされてる参加者の方もいらっしゃいました。

8月:松本昌子ミュージカルコンサート

8月27日(日)に音楽専攻オープンキャンパスを行いました。夏休みでのオープンキャンパスということで、いつも以上に参加者の皆さまとお会い出来ることを楽しみに、この日を迎えました。
当日はピアノ・声楽をはじめとして、フルート、クラリネット、オーボエなどの木管楽器、トランペット、トロンボーン、テューバなど金管楽器、ヴァイオリン、チェロ、などの弦楽器、そして日本音楽と幅広い楽器の方が多数来てくださいました。

当日の進行は、松本昌子ミュージカルコンサート→ 音楽専攻ガイダンス → 初心者のためのソルフェージュ講座、そして希望者を対象とする実技診断、個別相談という流れでした。
本日のメインイベント・ミュージカルコンサートの松本昌子さんは、本学の卒業生であり一昨年まで約12年間劇団四季に所属してミュージカル女優として数々の舞台に出演しており、退団後、本学の非常勤講師として音楽専攻でミュージカル歌唱を教えております。

プログラムは以下の通りです。
 ♪どんな夢より(リトルマーメイド)
  ♪美女と野獣(美女と野獣)
  ♪海の世界(リトルマーメイド)
  ♪パートオブユアワールド(リトルマーメイド)
  ♪魔法使いと私(ウィキッド

最初の曲からミュージカルの世界観溢れる、あたかもその情景が思い浮かぶような歌声で圧倒され、万雷の拍手のもとでコンサート終了いたしました。

専攻ガイダンスでは、学費のこと、少人数教育のメリット、きめ細やかな実技レッスンや室内楽などの演習、また同一法人である桐朋学園大学音楽学部の単位互換制度や、音楽学部への3年次編入の結果報告、第二実技にクラシック音楽と、ポピュラー音楽の作曲、ミュージカルレッスンなどを導入し、多層的な視点から音楽をアプローチしていくことや、金管楽器専修の始動報告、2年間のカリキュラムをほぼ同じ学費で3年かけて学べる長期履修制度など、短大が数年間かけて行なってきた改革等を音楽専攻主任の松井が熱く語りました。
その後の実技診断、個別相談では、生徒さんや保護者の方が本学教員と学校の詳細や受験のことなど熱心に質問くださり、20時ごろに最後の参加者の方をお見送りして本日の幕を閉じました。

2016年度イベントスケジュール

2016年度イベント日程はこちらから!

10月1日(土)・2日(日)は桐朋祭☆
次回オープンキャンパスは、10月8日(土)に開催します。オープンキャンパスの年間スケジュールや、その他のイベントのスケジュールなどについては、下記のページよりご確認ください。

2016年度オープンキャンパス等のスケジュールはこちらから


  • 教育情報の公表
  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • イベント情報
  • 入試Q&A
  • キャンパスライフ
  • 活躍する先輩たち
  • 教学課からのお知らせ
  • 2019年度大学案内