グローバルナビゲーションへ

メインへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ  > イベントレポート  > 音楽専攻特別講座(植松伸夫教授)

音楽専攻特別講座(植松伸夫教授)


2月24日(火)から2月27日(金)までの4日間、ファイナル・ファンタジー楽曲でおなじみの植松伸夫教授による特別講座(集中講義)が行われました。


このページの目次


 講義では、それぞれ8つのブロックに分けられて、幼少期における音楽との出会いから現在に至るまでのお話に絡めてその時代のエポックメイキング的な楽曲、皆に是非聴いてもらいたい音楽などを解説と一緒に聴いていく形式でした。

また、下記4つの分野についてもお話をしてくださいました。

 電子楽器(シンセサイザー)の成り立ちから現在までの変遷
 ロック、ジャズ、フュージョン、民族音楽など世界の様々音楽の介
 ゲーム音楽について、
 作曲家、音楽クリエイターについて

作曲家として、クリエイターとして世界で活躍する植松先生の”ここだけ”でしか聴けない、充実した講義内容となり、学生たちも大満足だったようです。

植松伸夫プロフィール

作曲家・プロデューサー

 ゲームミュージック作曲家の第一人者で「ファイナルファンタジー」の音楽を生み出し、シリーズの大半の曲を手掛ける。近年では、ゲーム作品はもとより映画、アニメ、ライブ活動などさまざまな音楽シーンで世界的な活動を展開している。第14回日本ゴールドディスク大賞で、「ソング・オブ・ザ・イヤー」(洋楽部門)を受賞。

  • 教育情報の公表
  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • イベント情報
  • 入試Q&A
  • キャンパスライフ
  • 活躍する先輩たち
  • 教学課からのお知らせ
  • 2019年度大学案内