グローバルナビゲーションへ

メインへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ  > イベントレポート  > 高校生のための演劇セミナー2016

高校生のための演劇セミナー2016


5月3日(火)~5日(木)にかけて、「高校生のための演劇セミナー」を開催いたしました。


このページの目次


 『高校生のための演劇セミナー』は、高校演劇などで活躍する皆さんの演劇に対する理解を深め、クラブ活動等に役立つことを目的に、2000(平成12)年より、関東高等学校演劇協議会、東京都高等学校演劇連盟の後援を受け、本学主催で開催しているものです。

5月3日(火)うごきとせりふ越光 照文
Cミュージカル唱法信太 美奈
Dシアターゲームペーター・ゲスナー
5月4日(水)Bココロとカラダの演技術宮崎 真子
Cミュージカル唱法信太 美奈
Eジャズダンス三村 みどり
5月5日(木)Bココロとカラダの演技術宮崎 真子
F身体表現三浦  剛
Gアクション藤田 けん

 今年は3日間で延べ400名以上の高校生に参加していただきました。申込者は昨年度をこえて、「演劇を学びたい」と考える高校生が、いかに多くなっているかを実感する機会となりました。関東近辺だけでなく、北海道から九州まで、全国津々浦々から集まってくれた高校生のみなさんは、本学の50年をこえる演劇教育の一端に触れ、受講後のアンケートで下記のような意見を寄せてくれました。数多くの高校生のみなさんに満足していただけたようで、今回講座をもった本学講師陣も、たいへん嬉しく思っております。

受講した高校生の声

私たちに特別扱いせずアドバイスや「これが演劇だ」ということを教えていただけてとても嬉しかったです
先生が演劇の意義や行う意味など、ワークショップ以外のお話しもして下さったので。また、体を使うことで気分もリフレッシュできた。演劇の楽しさを改めて知ることができました。
演劇をする時に、その役の性格を考えたり、言い方を考える事ばかりしていたが、今回のセミナーで一番大事なことが分かった。伝える大事さやもう一つの現実。もっと頑張っていきたいと思えるセミナーでした。ありがとうございました。
ココロとカラダで演技することを再確認でき、知らない人達との演劇がとてもよかったです
ゲームとはいえども、演劇の基礎を教えていただけたから。他の学校の演劇部との交流となった
この時期に必要なことやるべきことなどのアドバイスもたくさんもらえた点。先生が面白い方で、とても楽しかった点
今まで言葉と動きで表現するのがはずかしかったのですが、心で感じたことを表現したらいいと言われてから自分を出せました
部活で実際に行えるようなものをたくさん教えて頂けた。練習方だけでなく考え方や、意識の変え方、持ち方も開けて、自分の演劇への向き方ももう一度みてみたいと思えました。

今回の演劇セミナーで「時間が足りない!」、「もっと学んでみたい!」と感じた方は、7月16日(土)~18日(月祝日)の3日間で行われる入学志望者のためのワークショップ【高校3年生以上の受験学年対象】に是非、ご参加ください。

なお、5月15日(日)のオープンキャンパス【全学年対象】は、今年度モンゴルで行われる世界の演劇大会Asian Theater Education Center (ATEC)で、本学が上演する作品、『綾の鼓』、『卒塔婆小町』の上演を行います。

Photoギャラリー

受講前、緊張のひととき

受講前のガイダンス

うごきとせりふ【越光】

うごきとせりふ【越光】

シアター・ゲーム【ゲスナー】

シアター・ゲーム【ゲスナー】

ジャズダンス【三村】

ジャズダンス【三村】

ココロとカラダの演技術【宮崎】

ココロとカラダの演技術【宮崎】

身体表現【三浦】

身体表現【三浦】

アクション【藤田】

アクション【藤田】

ミュージカル唱法【信太】

ミュージカル唱法【信太】

ミュージカル唱法【信太】

ミュージカル唱法【信太】

  • 教育情報の公表
  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • イベント情報
  • 入試Q&A
  • キャンパスライフ
  • 活躍する先輩たち
  • 教学課からのお知らせ
  • 2019年度大学案内