グローバルナビゲーションへ

メインへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ  > イベントレポート  > 高校生のための演劇セミナー2015

高校生のための演劇セミナー2015


5月3日(日)~5日(火)に「高校生のための演劇セミナー」を開催しました。


このページの目次


 『高校生のための演劇セミナー』は、高校演劇などで活躍する皆さんの演劇に対する理解を深め、クラブ活動等に役立つことを目的に、2000(平成12)年より、関東高等学校演劇協議会、東京都高等学校演劇連盟のご後援を受け、本学主催で開催しているものです。

5月3日(金・祝)うごきとせりふ越光 照文
Cミュージカル唱法信太 美奈
DシアターゲームP.ゲスナー
5月4日(土・祝)Bココロとカラダの演技術宮崎 真子
Cミュージカル唱法信太 美奈
Eジャズダンス三村 みどり
5月5日(日・祝)Aうごきとせりふ越光 照文
Bココロとカラダの演技術宮崎 真子
F身体表現三浦  剛

 今年は3日間で延べ345名(申込者193名)の高校生に参加していただきました。申込者は昨年度とほぼ同じで、例年通り「演劇を学びたい」と考える高校生が、いかに多いかを実感する機会となりました。関東近辺だけでなく、北海道から九州まで、全国津々浦々から集まってくれた高校生のみなさんは、本学の50年にわたる演劇教育の一端に触れ、受講後のアンケートで下記のような意見を寄せてくれました。数多くの高校生のみなさんに満足していただけたようで、今回講座をもった本学講師陣としても、とても嬉しく思っております。

受講した高校生の声

先生が全力で教えてくださり、すごくうれしかったのと、一言一言が心に突き刺さり、とてもよい勉強ができました。先生の教え方や講座のすすめ方のすべてを含めて、楽しかったです。
演劇をするということはどういう事なのか、それをゲームを通して楽しみながら学ぶことができました。お客さんを意識することを重点的に教えてくださったことが、とても印象に残りました。
見ている人の心を動かすには、まず自分の心を動かさなければならい、と気づかされました。
呼吸を意識する練習を通じて、人との間にある呼吸も感じれた、と思いました。
とにかく自分を出しきった感じです。はげしかったです! 楽しかったです! 歌いまくれてよかったです。表現する大変さがわかりました。
はじめてあった人と即興劇をつくるという貴重な体験ができた。声の使い方の基礎もしることができた。この大学に入学したいと思った。
おもいっきり体をうごかして汗をかけたので、すごく気持ちよかったです!
現役生の方の実際の演技が見れたのがよかった。先生の人柄もとてもよく、積極的に受講できました。

今回の演劇セミナーで「時間が足りない!」、「もっと学んでみたい!」と感じた方は、7月18日(土)~20日(月祝日)の3日間で行われる入学志望者のためのワークショップ【高校3年生以上の受験学年対象】に是非、ご参加ください。

なお、5月9日(土)のオープンキャンパス【全学年対象】でも、ワークショップ「シアター・ゲーム」を行います。ゲスナー先生は日本語を話せますので、コミュニケーションには問題ありません、ご安心ください。また、「演劇セミナー」で実施した「シアター・ゲーム」とは内容を変えて実施する予定ですので、一度参加したことがある方も奮ってご参加ください。

また、6月13日(土)のオープンキャンパスでは、信太美奈先生のワークショップ「ミュージカルナンバーを体験しよう!」があります。こちらも奮ってご参加ください。

Photoギャラリー

受講前、緊張のひととき

受講前のガイダンス

みんな真剣な表情です

いざ、会場へ移動!

うごきとせりふ【越光】

うごきとせりふ【越光】

うごきとせりふ【越光】

うごきとせりふ【越光】

シアター・ゲーム【ゲスナー】

シアター・ゲーム【ゲスナー】

シアター・ゲーム【ゲスナー】

シアター・ゲーム【ゲスナー】

ジャズダンス【三村】

ジャズダンス【三村】

ジャズダンス【三村】

ジャズダンス【三村】

ココロとカラダの演技術【宮崎】

ココロとカラダの演技術【宮崎】

ココロとカラダの演技術【宮崎】

ココロとカラダの演技術【宮崎】

身体表現【三浦】

身体表現【三浦】

身体表現【三浦】

身体表現【三浦】

ミュージカル唱法【信太】

ミュージカル唱法【信太】

ミュージカル唱法【信太】

ミュージカル唱法【信太】

  • 教育情報の公表
  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • イベント情報
  • 入試Q&A
  • キャンパスライフ
  • 活躍する先輩たち
  • 教学課からのお知らせ
  • 2019年度大学案内