グローバルナビゲーションへ

メインへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ  > イベントレポート  > ワークショップ「RADA(英国王立演劇学校)の俳優訓練に学ぶ」

ワークショップ「RADA(英国王立演劇学校)の俳優訓練に学ぶ」


5月4日~6日にワークショップ「RADA(英国王立演劇学校)の俳優訓練に学ぶ」を東京芸術劇場リハーサル室にて実施しました。


「平成26年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」(文化庁)として「桐朋学園芸術短期大学企画製作『見よ、飛行機の高く飛べるを』による演劇人育成事業」(共催:東京芸術劇場、後援:東京演劇大学連盟)が採択されました。事業の第一弾として、5月4日から6日まで、東京芸術劇場のリハーサルルームにおいて、ニコラス・バーター氏(元RADA校長・桐朋学園芸術短期大学特別招聘教授)の指導によるワークショップが実施されました。
ワークショップでは、『見よ、飛行機の高く飛べるを』のオーディションに合格した、普段は別々の大学で演劇を専攻する学生たちが、古典の喜劇『十二夜』(シェイクスピア)と『二人の主人を一度に持つと』(ゴルドーニ)を題材に、スタニスラフスキー・システムの身体的行動を実践的に学びました。
演劇人育成事業の今後の予定は以下のとおりです。

公演『見よ、飛行機の高く飛べるを』(永井愛・作 越光照文・演出)
 9月12~15日 東京芸術劇場 シアターイースト

シンポジウム「大学における演劇実践教育の方法について」
 10月5日 桐朋学園短期大学 ポロニアホール

  • 教育情報の公表
  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • イベント情報
  • 入試Q&A
  • キャンパスライフ
  • 活躍する先輩たち
  • 教学課からのお知らせ
  • 2019年度大学案内