グローバルナビゲーションへ

メインへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ  > イベントレポート  > 演劇専攻 ATECアジア演劇学校
フェスティバル参加

演劇専攻 ATECアジア演劇学校
フェスティバル参加


「楽屋」(清水邦夫作)

5月18日~23日に中国北京で開催されたATECアジア演劇学校フェスティバルに参加しました。


 ATEC (Asia Theatre Education Centre) は、中国、韓国、シンガポールなどのアジア各国の演劇専攻の課程をもつ高等教育機関で構成されている国際的な組織です。
 今年度の演劇フェスティバルは5月18日から23日まで、北京の中央戯劇学院で開催されました。参加校は大会のテーマであるチェーホフの作品を上演したり、またはチェーホフに関係する作品を上演しました。本学は、5月22日午前中、チェーホフの作品を愛する4人の女優の舞台裏を描いた清水邦夫の名作「楽屋」を上演(演出は学長越光照文)し、好評を得ることができました。
 5月22日夜の閉会式および表彰式において、専攻科1年の寺戸真里奈が「最優秀演技賞」、芸術科2年の萱沼春菜が「優秀演技賞」を受賞いたしました。

参加学生

1池田早紀専攻科演劇専攻1年
2寺戸真里奈専攻科演劇専攻1年
3萱沼春菜芸術科演劇専攻2年
4近藤陽子芸術科演劇専攻2年
5白戸早紀芸術科演劇専攻2年
6鈴木桃子芸術科演劇専攻2年
7豊田 梓芸術科演劇専攻2年
8船引菜那芸術科演劇専攻2年
9松本奈央子芸術科ステージ・クリエイト専攻2年[演出助手]

同行スタッフ

1越光照文学長演出
2三浦 剛演出補・音響
3山内大典舞台監督
4橋本 剛照明
5佐藤晃子ムーブメントシーン構成・身体訓練指導
6大江千晶中国語翻訳・通訳

寺戸真里奈が最優秀演技賞、萱沼春菜が優秀演技賞を受賞

専攻科演劇専攻1年 寺戸真里奈


【受賞者の声】


寺戸真里奈(専攻科演劇専攻1年)

 今回、ATECも参加させていただき、このような賞をいただけたことを本当にうれしく思います。これまで私を支えてくださったすべての方々に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。この経験をここで終わらせることなく、これからの日本の芸術がますます発展し、世界へ発信できるよう、非力ではありますが、日々、芸術に精進していきたいと思います。







芸術科演劇専攻2年 萱沼春菜


【受賞者の声】


萱沼春菜(芸術科演劇専攻2年)


 学内オーディションの前日まで、私はオーディションを受けるつもりはまったくありませんでした。でも、ある友人に勧められて、受けることにしました。そして今、こうして公演を終え、このような賞までいただいて・・・。あのときには考えてもみなかったことです。今となっては、あの日、オーディションを受けて、本当によかったと思っています。今回参加したことによって、少しではありますが、成長できたような気がします。この「楽屋」という作品と、演出家としての越光照文先生に出会えたことに、そして、あのとき、私の背中を押してくれた友人に、心から感謝しています。

桐朋見聞録コラム

本件に関する学長コラムが掲載されております。
興味のある方は、ご覧ください。  越光先生コラムはこちらから


中国北京 中央戯劇学院ホームページ


ATECに関するサイトはこちら(クリック

表彰式の様子を伝えるサイトはこちら(クリック


  • 教育情報の公表
  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • イベント情報
  • 入試Q&A
  • キャンパスライフ
  • 活躍する先輩たち
  • 教学課からのお知らせ
  • 2019年度大学案内