グローバルナビゲーションへ

メインへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ  > イベントレポート  > 第4回オープンキャンパス

第4回オープンキャンパス


芸術の現場から教育の現場へ

8月28日(土)に第4回オープンキャンパスが開催されました


第4回オープンキャンパスでは、蜷川幸雄前学長と越光照文現学長による対談、入試実演(演劇専攻、ステージ・クリエイト専攻)、在学生コンサート、初心者のためのソルフェージュ講座(音楽専攻)等の企画が用意されました。

「芸術の現場から教育の現場へ」と題する新旧学長対談では、ともに演出家の立場から、創造活動の現場と教育の現場において求められることが具体的な例をまじえて語られました。そのなかで蜷川前学長は、なお世界トップクラスの演出家に並ぶ仕事をしつつ、後ろから来るものにパスを送り続けてゴールをめざすラグビーのように、ひたすら前に進みながら若者たちへパスを送り続けることが、今の自分の役割であることを強調されました。対談後には会場との質疑応答の時間もありました。
短い休憩をはさみ、引き続きポロニアホールでは、演劇専攻とステージ・クリエイト専攻の実技試験について、在学生が試験を再現した実演をまじえて紹介されました。その間、音楽専攻は会場を移し、専攻説明をふくむ在学生によるミニコンサート、専攻教員の指導によるソルフェージュ講座(Ⅳ)が開かれました。その後、専攻毎に進学個別相談も行われました。

次回オープンキャンパスは、今年度最後となりますが、12月4日(土)を予定しています。

  • 教育情報の公表
  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • イベント情報
  • 入試Q&A
  • キャンパスライフ
  • 活躍する先輩たち
  • 教学課からのお知らせ
  • 2018年度大学案内