グローバルナビゲーションへ

メインへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ  > イベントレポート  > シューキン演劇大学『イワーノフ』公演

シューキン演劇大学『イワーノフ』公演


2014.6.6 (Sat)

6月6日(土)、ロシアのシューキン記念演劇大学の劇団による、『イワーノフ』(アントン・チェーホフ作)が上演されました。


ロシアのシューキン演劇大学の付属劇団が、本学の小劇場において『イワーノフ』(アントン・チェーホフ作)の公演を行いました。
これは、ロシア文化フェスティバルの一環として行われたもので、日本ではシアターX(劇場)、東京外国語大学、早稲田大学、そして本学、桐朋学園芸術短期大学の四つの場所でのみ公演されました。

シューキン演劇大学は、ロシアの著名な演出家であるエフゲーニー・ワフタンゴフによって、1914年に高等専門演劇学校として設立された学校です。
当日、越光照文学長が祝辞として述べたように、演劇専攻が創設されて今年でちょうど50周年を迎える本学が、100周年を迎えたばかりのシューキン演劇大学の公演ができたことは、非常に喜ばしいことでした。
実際に、上演された舞台、アフタートーク、歓迎会を通して、互いの演劇の歴史や大学における俳優教育などについて、とくに学生たちの間で活発な話し合いがなされました。一日だけの公演でしたが、学生同士すぐに親しくなり、お互いの文化の背景を語りながら、演劇の未来の形を模索した有意義な文化交流の時間でした。

  • 教育情報の公表
  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • イベント情報
  • 入試Q&A
  • キャンパスライフ
  • 活躍する先輩たち
  • 教学課からのお知らせ
  • 2018年度大学案内