グローバルナビゲーションへ

メインへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ  > イベント情報  > 宮谷理香ピアノリサイタル

宮谷理香ピアノリサイタル


【終了】6月6日(金) 開場17:30 開演18:00
    宮谷理香ピアノリサイタル開催
    於:本学園ポロニアホール 入場無料


 本学でピアノ実技の講師を務める宮谷理香先生によるピアノリサイタルを開催します。授業の一環としての演奏会のため、特別に無料で鑑賞できるコンサートとなっております。どうぞお気軽にご来学ください。

プロフィール

宮谷理香  MIYATANI RIKA

 宮谷理香は、知性あふれる色彩感豊かな演奏と、華あるステージで聴衆の心を掴むピアニスト。

 金沢市生まれ。桐朋子供のための音楽教室、桐朋女子高音楽科を経て、桐朋学園大学演奏学科ピアノ専攻卒業。
1995年 ワルシャワにて開催された第13回ショパン国際ピアノコンクールに第5位入賞し一躍注目を集める。1996年 同大学研究科修了と同時にサントリーホール、いずみホールにてデビュー。本格的な演奏活動を始める。1997年 第23回日本ショパン協会賞、第9回飛騨古川音楽大賞新人賞、調布市政功労者表彰。 

 松岡貞子、アンジェイ・ヤシンスキ、ピオトル・パレチニ、H・C=ステファンスカ、園田高弘の各氏に師事。
これまでにパリ:サル・プレイエル(サル・ショパン)をはじめ、ウィーン:グラフェネック城、ポーランド:ワルシャワフィルハーモニーホール、チェコ:ノヴェメスト等でリサイタル、1998年ドゥシニキ国際ショパンフェス、1999年ショパン没後150年演奏会(ポーランド:ワルシャワ、ルブリン、チェンストホーヴァ、カトヴィツェ)、2002年国際交流基金の派遣によるリサイタルツアー(ポーランド:ワルシャワ、クラコフ/スペイン:マドリッド、バルセロナ、ヴェンドレル、アランフェス)、中国の蘇州における日中友好演奏会等にも招待されている。2001年&04年ライプツィヒ弦楽四重奏団と、2010年にはスロヴァキアフィルハーモニー管弦楽団と共演。ショパンの作品を軸とし、彼をめぐる様々な作曲家を取り上げた「宮谷理香と廻るショパンの旅(2001-2010)」シリーズの十年に亘る成果は大きな反響を呼ぶ。

 全国各地でのリサイタルを始め、レクチャー、室内楽、学校訪問など幅広く多彩な活動を展開。楽曲の知的な構成力と色彩感あふれる表現豊かな演奏には定評があり、抜群の企画提案力、親しみあるトークでも魅了する。高橋多佳子(90年ショパンコン入賞者)と結成したピアノデュオ[Duo Grace]でも人気を博し、2枚のデュオCDはレコード芸術特選盤。礒絵里子(Vn)&水谷川優子(Vc)との室内楽ユニット[Ensemble φ]や、吹奏楽、舞踏、和太鼓とのコラボ、日生劇場音楽劇へのショパン役での出演など新たな領域にも意欲的に世界を拡げている。日本ショパン協会主催ショパンコンクール、ショパンコンクールin ASIA(全国・アジア大会)、いしかわ国際コン等の審査員を務め、マスタークラス等でも後進の育成に積極的に携わっている。2014年より桐朋学園芸術短期大学非常勤講師。

 著書「理香りんのおじゃまします!」を08年に、ソロCDは全10枚を発表。ショパン名曲集アルバムの「SCHERZO」(09年)と「SONATA」(10年)、「Fantaisie」シリーズの「Brin芽」(11年)、「Rain Tree樹」(12年)、「Impromptus 彩」(13年)は5枚連続「レコード芸術誌特選盤」に選出され、録音でも確固たる評価を獲得している。(2014年5月現在)

プログラム

  モーツァルト  きらきら星変奏曲
  シューベルト  即興曲Op.142-3(ロザムンデ)
  シューベルト=リスト  ます
  バッハ=ブゾーニ  シャコンヌ
  ピアソラ  リベルタンゴ
☆ ★ ☆ ★ ト ー ク コ ー ナ ー ★ ☆ ★ ☆
  ショパン  雨だれのプレリュード
  武満徹  雨の樹 素描
  ドビュッシー  雨の庭
10  ショパン   舟歌

会場案内

中高正門より入場し、案内掲示にしたがい、ポロニアホールまでお越しください。

宮谷理香公式サイト

宮谷理香公式サイト http://www.miyatani.jp/rika/


宮谷理香ブログ   http://rikamiyatani.blog.fc2.com/


宮谷理香所属事務所 コンサートイマジン


  • 教育情報の公表
  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • イベントレポート
  • 入試Q&A
  • キャンパスライフ
  • 活躍する先輩たち
  • 教学課からのお知らせ
  • 2018年度大学案内