グローバルナビゲーションへ

メインへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ  > イベント情報  > 音楽専攻 第93回公開講座

音楽専攻 第93回公開講座


本條秀慈郎 三味線演奏会

【終了】6月23日(木) 入場無料 18:00開演(17:30開場)
    音楽専攻 第93回公開講座を開催いたします。
    於:本学ポロニアホール


助演

箏   花岡勢伊子ヴィオラ   甲斐史子

プログラム

第1部
   名倉 明子 / 書屋の蝶
   鮎沢 京吾 / 線   (助演 花岡勢伊子[二十五絃箏])
 
第2部
   平井 京子 / しずく二章 ~三絃のために~
   高田 新司 / 砂の海   (助演 甲斐史子[ヴィオラ])
   堀  悦子 / 曙光冴ゆ ~三絃独奏のための~
 
 

出演者

本條秀慈郎 (三味線)

俚奏楽本條秀慈郎の名を許され端唄、民謡、現代民族歌謡等研鑚を積む。津軽三味線を長谷川裕翔師に師事。桐朋学園大学短期大学部芸術科音楽専攻日本音楽専修卒業、同専攻科、研究生修了。在学中、三味線を杵屋勝芳壽師と本條秀太郎師に師事。野坂操壽教授の邦楽アンサンブルの授業を受講。人間国宝堅田喜三久氏の囃子を受講。現代邦楽研究所修了。
2005年第2回東京邦楽コンクール第1位。2006年第1回和洋楽器グループコンテストグランプリ。日本民謡協会賞、読売新聞社賞、薦田奨励賞受賞。2007年第13回熊本全国邦楽コンクール優秀賞三味線部門1位。
2009年師本條秀太郎師のプロデュースによる第1回本條秀慈郎リサイタル(東京、宇都宮)開催、ライナーノーツ執筆は演出家、本学学長(当時)蜷川幸雄氏。第1回せんがわ劇場「未来のホープシリーズ」、アンサンブル・ノマド定期、東京室内歌劇場日本歌曲アンサンブル、音の会来往舎コンサート、「環」演奏会に出演。2010年には日本現代音楽協会主催「コンチェルトの夕べ」にて、山下一史氏指揮の桐朋学園オーケストラと大家百子氏作曲の三味線協奏曲を初演。これまでに主に現代の作品を発表、初演。オペラ、ミュージカル、日本舞踊、現代劇にも演奏参加。ハンガリーのブタペストリストホール、オーブダ民俗音楽学校、中国北京の中央戯劇学院等、国内外で演奏。チェコ、スロヴァキア、オーストリア等でも研鑽を積む。
NHKテレビ大河ドラマ「江」、「龍馬伝」等、TV、FMラジオ、マキノ雅彦監督[津川雅彦氏]作品「次郎長三国志」、ヴァイオリニスト庄司紗矢香氏のドキュメンタリー作品等、映画にも演奏、放送、録音で携わる。
2011年4月より桐朋学園芸術短期大学非常勤講師。haicollor和楽器教室[東京大井町、高円寺]常任講師。

花岡勢伊子 (二十五絃箏)

東京都出身。3歳より母、花岡操曙より箏の手ほどきを受ける。8歳より箏・二十絃箏(1991年以降は二十五絃箏)を二代野坂操壽氏に師事。1998年より1年間、地歌三絃を深海さとみ氏に師事。東京藝術大学邦楽科卒業。在学中、宮城賞受賞。桐朋学園芸術短期大学専攻科修了。研究生修了。第2回東京邦楽コンクール、二十五絃箏独奏にて第3位。2010年、第1回リサイタル開催。桐朋学園芸術短期大学非常勤講師。生田流箏曲松の実會師範。(社)日本三曲協会、生田流協会、森の会、桐の響各会員。

甲斐史子 (ヴィオラ)

桐朋学園大学音楽学部卒業、同大学研究科修了。現代音楽演奏コンクール<競楽>第1位入賞、第12回朝日現代音楽賞受賞、2003年度青山バロックザール賞受賞、ドイツダルムシュタット・クライニヒシュタイナー賞受賞、アンサンブル・ノマドメンバーとして、第2回佐治敬三賞受賞。国内外の音楽祭に出演。数々の初演、録音を行っている。神奈川県立弥栄高等学校、東京芸術大学非常勤講師。

その他

平成23年度 公開講座・演奏会のお知らせはこちらからご確認ください。
 
 

桐朋学園芸術短期大学 仙川キャンパス
〒182-8510 東京都調布市若葉町1-41-1 TEL:03-3300-2111
(お問い合わせ:平日8:30~16:30、土曜8:30~12:00)
※駐車場の用意ができませんので、お車でのご来校はご遠慮ください。

  • 教育情報の公表
  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • イベントレポート
  • 入試Q&A
  • キャンパスライフ
  • 活躍する先輩たち
  • 教学課からのお知らせ
  • 2018年度大学案内