グローバルナビゲーションへ

メインへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ  > イベント情報  > 演劇専攻修了公演・卒業公演のお知らせ
<1~2月予定>

演劇専攻修了公演・卒業公演のお知らせ
<1~2月予定>


【終了】演劇専攻修了公演・卒業公演のお知らせ
     1月28日(木)~1月31日(日) 専攻科
     2月17日(水)・2月18日(木) 演劇専攻2年
     2月21日(日)・2月22日(月) 演劇専攻2年


1月28日(木)~1月31日(日) 二専攻合同公演・専攻科修了公演

『新・妖精たちの砦~焼跡のピーター・パン~』

 作・演出 福田善之

 会場   調布市せんがわ劇場
 料金   1,500円(日時指定)
 座席   全席自由

 ★開演60分前から受付開始、開演30分前に開場いたします。

「それもこれも、ぶっ壊れたとっから、俺たちは始めなきゃならなかった。この先も同じだろう、きっと」

1945年。焼け跡、あるいは廃墟。家族を失った浮浪児と、進駐軍相手のパンパンガールたちが暮らしていた。
彼らはスリや盗み、売春などをしながら、必死に毎日を生きてきた。
そこへ、ひとりの復員兵がやってくる。「先生」と呼ばれる彼が話すおとぎ話に、子どもたちは夢中になる。
そんな彼らに訪れる結末とは……。

「ああ、強いものいじめ、してえなあ――」

2月17日(水)・2月18日(木) 芸術科49期ミュージカルコース卒業公演

『ミュージカル ゴール』

 原作   レフ・トルストイ「ホルストメール」
 脚色・作詞・演出  篠﨑光正

 会場   俳優座劇場(六本木)
 料金   1,500円(日時指定)
 座席    全席自由

 ★開演60分前から受付開始、開演30分前に開場いたします。

1834年帝政ロシア。牧場に奇妙なまだら模様を持つ、年老いた去勢馬がやって来た。
その馬はなんと、かつて競馬界にその名を馳せた、あの名馬“ホルストメール”だという。
若い馬たちに語りはじめるホルストメール。名馬ホルストメールの長い生涯の追憶が始まる。
儚く切ない初恋。そして一人の人間との出会い。
そしてようやくつかんだ栄光の果てに、ホルストメールを待ち受ける運命とは…。

芸術科演劇専攻49期
ミュージカルコース卒業公演
「ゴール」
2月17日(水)開演14:00開演18:15
2月18日(木)開演11:00開演15:00

2月21日(日)・2月22日(月) 芸術科49期ストレートプレイコース卒業公演

『袴垂れはどこだ』『遠くまで行くんだ』

 作    福田善之
 演出   越光照文

 会場   俳優座劇場(六本木)
 料金   1,500円(日時指定)
 座席   全席自由

 ★上演時間は、途中休憩を含み、「袴垂れはどこだ」が2時間30分、「遠くまで行くんだ」が3時間30分を予定しております。

 ★開演60分前から受付開始、開演30分前に開場いたします。

『袴垂れはどこだ』
「袴垂れはどこだ!袴垂れはどこだ!袴垂れはどこだ!」
平安から室町のいつの時か、苛政に苦しむ寒村の村人たちは義賊「袴垂保輔」を求めて偽の袴垂れ集団となり旅に出た。
果して一行は「本物の」袴垂れを見つけることができるのだろうか。

『遠くまで行くんだ』
1954年フランスの植民地支配に耐えかねたアルジェリアの民衆は、アルジェリア民族解放戦線(FLN)の指揮下に武装闘争に立ち上った。
その3年後1957年。ジャン、アラン、ベルナールは出合った。3人の青年はフランス側の主義主張を疑問に思いそれぞれの道を定めていく。
アルジェリア人やケールの口から語られるその思い、そして、日本人留学生・伊藤が目にしたアルジェリア戦争の真の姿。
若き戦士たちの交錯する思いは、何を描き出すのだろうか。

  • 教育情報の公表
  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • イベントレポート
  • 入試Q&A
  • キャンパスライフ
  • 活躍する先輩たち
  • 教学課からのお知らせ
  • 2018年度大学案内