グローバルナビゲーションへ

メインへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ  > イベント情報  > 演劇系大学共同制作Vol.6
『ecstasy~方円の恍惚~』

演劇系大学共同制作Vol.6
『ecstasy~方円の恍惚~』


【終了】2018年9月6日(木)~9日(日)
    演劇系大学共同制作vol.6
    『ecstasy~方円の恍惚~』
    於:東京芸術劇場シアターイースト


2013年の春より東京圏の演劇大学が連盟を発足しました(本学のほかに桜美林大学、玉川大学、多摩美術大学、日本大学から成ります)。

ありそうでなかった「東京演劇大学連盟」。

演劇の実技教育を行う大学が連携し、大学における演劇の実技教育および舞台芸術創造の体系化構築を目指して実践的な交流と共同研究を行っていきます。

<演劇系大学共同制作公演>
2013年『わが町』(作:T・ワイルダー 翻訳:水谷八也 演出:桐山知也 主催:文化庁/日本大学)
2014年『見よ、飛行機の高く飛べるを』(作:永井愛 演出:越光照文 主催:文化庁/桐朋学園芸術短期大学)
2015年『カノン』(作:野田秀樹 演出:野上絹代 主催:文化庁/多摩美術大学)
2016年『昔々日本』(作・演出:山本卓卓<範宙遊泳>  主催:文化庁/桜美林大学)
2017年『Theatresports™』(主催:玉川大学/共催:東京芸術劇場後援)

いずれも公演のカンパニーメンバーは、オーディション選抜によるものです。
共同制作六年目の『ecstasy~方円の恍惚~』、本学からも学生がオーディションで選ばれ、稽古に励んでいます。どうぞご支援ください!

 『ecstasy~方円の恍惚~』Twitterアカウント ⇒こちら

公演概要

日本と中国。
未踏の世界に挑む演劇系大学の共演。

未生の疼き。
僕らはどんな未来を作ってしまおうとしているのか。

白黒付けられない問題、抜け出せない情報網。
そして、現実と虚構の隙間に忍び込む恍惚……。
方円の世界を舞台に、
現代社会と予見される未来への危惧を問いかける。
演劇でもない。ダンスでもない。
身体表現の新章。

未生の疼き。
僕らは出会うことができるのか。
答えを持つことが出来るのだろうか。

【主催】日本大学芸術学部/中国・中央戯劇学院
【共催】東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)
【協賛】株式会社 東北新社/株式会社 囲碁将棋チャンネル/同心房(江古田本店)
【後援】中華人民共和国駐日本国大使館/東京演劇大学連盟
【制作】日本大学芸術学部/演劇系大学共同制作vol.6製作委員会

上演日時

9月6日(木)9月7日(金)9月8日(土)9月9日(日)
14:00開演12:00開演11:00開演
19:00開演19:00開演17:00開演
(アフタートーク)
15:00開演

受付開始は開演の1時間前、開場は30分前です。
未就学児の入場はご遠慮いただいております。

会場

東京芸術劇場 シアターイースト(交通アクセスはこちらから

入場料

日時指定・全席自由/前売・当日料金一律

一般    2,500円
大学生   2,000円
高校生以下  500円

チケット取扱

【チケット予約について】

公演に関する詳細や、チケットのお買い求めについては、『ecstasy~方円の恍惚~』特設サイト内をご覧ください。

 『ecstasy~方円の恍惚~』特設サイト  ⇒こちら
 チケット予約に関する詳細  ⇒こちら


東京演劇大学連盟

東京演劇大学連盟オフィシャルサイト

演劇の実技教育を担う都内の5大学(桜美林大学、玉川大学、多摩美術大学、桐朋学園芸術短期大学、日本大学)が集い、2013年春に設立した連盟です。今後、演劇の実技教育および舞台芸術創造の体系化構築を目指し実践的な交流と共同研究を行っていきます。

 東京演劇大学連盟オフィシャルサイト
 東京演劇大学連盟Twitterアカウント


  • 教育情報の公表
  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • イベントレポート
  • 入試Q&A
  • キャンパスライフ
  • 活躍する先輩たち
  • 教学課からのお知らせ
  • 2019年度大学案内