グローバルナビゲーションへ

メインへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




海外留学奨学金について


独立行政法人日本学生支援機構奨学金のご案内


ここで紹介する奨学金は、『独立行政法人 日本学生支援機構』が展開する利息付きの奨学金制度です。
 
第二種奨学金(海外)
本学卒業後2年以内の方で、海外の大学に編入学を希望する方が対象です。

第二種奨学金(短期留学)
本学に在籍しながら、3ヶ月以上1年以内の短期留学を希望する方が対象です。
 

第二種奨学金(海外留学)

対象:本学卒業後、海外の大学に進学して学びたいと希望する方

「第二種奨学金(海外)」奨学制度は、本学卒業後に学位取得を目的として2015年4月~2016年3月の期間に海外の大学に編入学を希望する人を対象に、有利子貸与奨学金の予約採用候補者を募集します。

募集対象者の
進学時期
書類提出期限採用候補者決定時期
第1回2016.4月
~2016.3月
2014年10月24日(金)2014.12月下旬
第2回2015.4月~5月2015年1月26日(月)2015.2月下旬
第3回2015.6月
~2016.3月
2015年2月25日(水)2015.4月下旬
第4回2015.8月
~2016.3月
2015年5月25日(月)2015.6月下旬
(2015.8月進学者)
2015.7月下旬
(2015.9月~2016.3月進学者)
第5回2015.12月
~2016.3月
2015年9月25日(金)2015.10月下旬

※2015年度採用候補者として決定された方が、2015年4月~2016年3月の期間内に編入されなかった場合、採用候補者としての資格は無効となります。また、すでに編入済みの方は本奨学金制度への申込ができません。

 貸与月額 ※13万円5万円8万円10万円12万円
 希望者のみ入学時特別増額貸与奨学金 ※210万円20万円30万円40万円50万円
 振込額 ※3 〔振込額〕 = 〔貸与月額〕 - 〔機関保証料〕
 貸与期間 学位取得のための標準修業年月

※1 貸与月額:表中の金額のいずれか1つを選択
※2 入学時特別増額貸与奨学金:希望者のみ対象。表中の金額のいずれか1つを選択。
※3 2015年4月以降の編入した月で、奨学生本人名義の日本国内の口座に振込。

 

貸与を受けるためには、以下の『人的保証制度』と『機関保証制度』の両方への加入が必須です。
①か②のいずれか1つのみを選択することはできません。
 
①人的保証制度
  連帯保証人(※1)に加え、保証人(※2)の選任が必要。
  ※1:原則として父または 母。 ※2:原則として父母を除く4親等以内の親族。
 
②機関保証制度
  一定の保証料を支払うことにより保証期間の保証が受けられる制度。
 

 申込資格(海外留学)

海外の四年制大学の正規の課程(学位取得課程)に編入学することが必要です。
※新規入学 および 短期大学への進学は対象となりません。

時 期申 込 資 格
本学
卒業時期
    本学卒業後2年以内(2013年3月卒業以降)
    2015年3月卒業見込み
海外大学
進学時期
   2015年4月~2016年3月の期間内に編入予定の方
   ※2016年3月末日までに進学されない場合、採用候補者の資格は無効

<対象者>
① 経済的理由により留学が困難な方。
② 学位取得を目的として海外の大学への留学を希望する方。
③ 海外の大学を卒業する能力を有することについて、本学学長が推薦する方。

 申込の流れ(海外留学)

[1] 本学へ資料請求
 「平成27年度入学者用 奨学金案内(海外予約用)『奨学金を希望する皆さんへ』」
 「確認書兼個人信用情報の取扱いに関する同意書」
 「スカラネット入力下書き用紙」

[2] 本学へ書類提出
 「確認書兼個人信用情報の取扱いに関する同意書」
 「スカラネット入力下書き用紙」
 「収入に関する証明書類」
 「特別控除の証明書類」 ※該当者のみ
 「留学計画書」
  留学先大学で学位が取得できることがわかる資料(日本語訳添付)
 「第二種奨学金(海外)申請にかかるチェックリスト」

[3] 提出書類の審査

[4] 学校から申込者へ以下配付
 「識別番号(ユーザID・パスワード)」
 「スカラネット入力下書き用紙」<返却>

[5] インターネット申込
 定められた期限までにインターネット(奨学金申込専用ホームページ)より入力・申込する

[6] 本学へ書類提出
 「スカラネット入力下書き用紙」
  ※専用ホームページでの入力終了後に発行された受付番号を転記したうえで、提出する

日本学生支援機構ホームページ ※海外留学

第二種奨学金(海外)の詳細は、こちらのサイトでご確認ください。申込窓口は、本学奨学金担当となります。

03-3300-2111(桐朋学園芸術短期大学 教学課 奨学金担当)


【資料請求/お問い合わせ】 桐朋学園芸術短期大学 教学課 奨学金担当
〒182-8510 東京都調布市若葉町1-41-1 TEL:03-3300-2111(平日9~16時)
FAX:03-3300-4253(24時間受信)/ Email:colgks@toho.ac.jp

第二種奨学金(短期留学)

対象:本学に在籍しながら、海外の大学等に短期留学を希望する方

「第二種奨学金(短期留学)」奨学制度は、本学に在籍しながら外国の短期大学・大学・大学院に短期留学をするために奨学金を希望する人を対象とした奨学金です。在学する学校長の推薦を得て短期留学をする場合に事前に申込をする「予約制度」となります。
 
▼予約採用候補者として決定した後の流れ・・・
留学先決定後、「留学届」および 受入先学校が発行する「受入許可証」を提出していただきます。
留学開始に合わせて奨学金の振込がスタートします。留学前に貸与することはできません。

募集回数留学開始申込締切振込時期
1回目2015年4月~2015年7月1月下旬4月以降
2回目2015年8月~2015年11月5月下旬8月以降
3回目2015年12月~2016年3月9月下旬12月以降

※「留学届」は、採用候補者として決定した後に、留学後の受入先が決定してから「受入許可証(日本語訳添付)」とともに提出するものです。採用候補者決定通知とともに配付します。「留学届」等の提出が期限にまにあわない場合は、振込開始が遅れます。
 

 貸与月額 ※13万円5万円8万円10万円12万円
 希望者のみ留学時特別増額貸与奨学金 ※210万円20万円30万円40万円50万円
 振込額 ※3 〔振込額〕 = 〔貸与月額〕 - 〔機関保証料〕
 貸与期間 3ヶ月以上1年以内で、機構で認めた留学の期間

※1 貸与月額:表中の金額のいずれか1つを選択
※2 留学時特別増額貸与奨学金:希望者のみ対象。表中の金額のいずれか1つを選択。
※3 貸与期間の延長は不可。

 

貸与を受けるためには、以下の『人的保証制度』と『機関保証制度』のどちらかへの加入が必須です。
 
①人的保証制度
  連帯保証人(※1)に加え、保証人(※2)の選任が必要。
  ※1:原則として父または 母。 ※2:原則として父母を除く4親等以内の親族。
 
②機関保証制度
  一定の保証料を支払うことにより保証期間の保証が受けられる制度。

 申込資格(短期留学)

本学に在籍し、海外の大学等に3ヶ月以上の短期留学をする方が対象です。
また、下記のいずれかに該当する留学であることも必要です。
 
 (1)学生交流に関する協定等に基づく留学
 (2)留学により取得した単位が、日本で在籍する大学等の単位として認定される留学

 申込の流れ(短期留学)

[1] 本学へ資料請求
 「平成27年度留学者用 奨学金案内(短期留学予約用)」
 「確認書兼個人信用情報の取り扱いに関する同意書」
 「スカラネット入力下書き用紙」
 
[2] 本学へ書類提出
 「確認書兼個人信用情報の取り扱いに関する同意書」
 「スカラネット入力下書き用紙」
 「収入に関する証明書類」
 
[3] 提出書類の審査
 
[4] 学校から申込者へ以下配付
 「識別番号(ユーザID・パスワード)」
 「スカラネット入力下書き用紙」<返却>
 
[5] インターネット申込
 定められた期限までにインターネット(奨学金申込専用ホームページ)より入力・申込する

[6] 本学へ書類提出
 「スカラネット入力下書き用紙」
  ※専用ホームページでの入力終了後に発行された受付番号を転記したうえで、提出する

日本学生支援機構ホームページ ※短期留学

第二種奨学金(短期留学)の詳細は、こちらのサイトでご確認ください。
 
申込窓口は、本学奨学金担当となります。
03-3300-2111(桐朋学園芸術短期大学 教学課 奨学金担当)


【資料請求/お問い合わせ】 桐朋学園芸術短期大学 教学課 奨学金担当
〒182-8510 東京都調布市若葉町1-41-1 TEL:03-3300-2111(平日9~16時)
FAX:03-3300-4253(24時間受信)/ Email:colgks@toho.ac.jp