グローバルナビゲーションへ

メインへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ  > 入試案内  > 専攻科について

専攻科について


桐朋学園芸術短期大学では、本学芸術科を卒業した学生がさらに研鑽をつむために、専攻科を設けています。専攻科では、演奏活動や上演活動を重ねることによって、実践力を伸ばしていきます。
なお、本学芸術科を卒業した者と同等以上の学力・能力があれば、本学の出身でない方も専攻科の入学試験を受験することができます。

※2018年度より学位授与機構認定専攻科となりました。所定単位を修得し、同機構の審査に合格することで、四年制大学を卒業した場合と同じ「学士」の学位が取得できます。


専攻科演劇専攻について

高度な専門教育で実践力を高める「プラス2年間」

専攻科演劇専攻は1968年に設置され、高度な専門教育により演劇界に多くの人材を輩出してきました。
専攻科では、本学演劇専攻卒業生または同等の能力があると認められた者を対象に、年3回の劇上演実習とワークショップを通して実践力を養います。
創設50周年を機に、カリキュラムをさらに充実し、多彩な科目を新たに増設します。

特別講義

一流の講師陣を招いての充実した講義
演劇人としての幅広い教養を身につけることを目的に、一流の表現者および研究者を講師に招いて行われる講義です。学期ごとにテーマが設定され、毎週講師の顔ぶれが変わります。

【2017年度特別講義】
前期:演劇を創るものたち
谷  賢一   作家・演出家・翻訳家
黒谷  都   人形遣い
松岡 和子   翻訳家・演劇評論家
石原  敬   舞台美術家
坂手 洋二   劇作家・演出家 劇団「燐光群」主宰
内田 春菊   漫画家・作家・俳優
Jean Christian Bouvier   「世界のCMフェスティバル」プロデューサー
安藤 朋子   女優(Theater Company ARICA/元転形劇場)

後期:実践と理論
七字 英輔   演劇評論家
杉原 邦生   演出家
高山  明   演出家・Port-B主宰
中野 敦之   演出家・唐ゼミ主宰
細川慶太郎   タップダンサー
       (元セヴィヨン・グローバー・タップダンスカンパニー所属)

ワークショップ

第一線で活躍する演劇人・アーティストによるワークショップ
2017年度は、イギリスの王立演劇アカデミー前校長のニコラス・バーター特別招聘教授の指導のもと、世界の共通言語であるスタニスラフスキーシステムを徹底的に学びました。また、演出家の鵜山仁特別招聘教授による充実した内容のワークショップを受講しました。

劇上演実習

プロの演出家による劇上演実習
専攻科で学んだことの総決算。「本読み」から「立ち稽古」、「舞台稽古」、そして「本番」と、プロの演出家による徹底した稽古が40日間にもおよび、完成度の高い上演を可能にします。

2015年度専攻科試演会
『黒い十人の女』
作:和田夏十 演出:三浦 剛

2017年度 専攻科演劇専攻試演会
『桐朋シェイクスピア』
演出 越光照文

Students' voices

池田 紫陽
1年次後半だけでも試演会、北京での海外公演と2つの舞台に立っています。北京では上演だけでなく、日本舞踊や殺陣のワークショップを外国人学生向けに行うという経験も。日本独自の身体表現や技術の楽しさを伝えられたのは、専攻科での学びの成果だと思います。周囲のレベルが高い環境にいるからこそ、自分の力が増しているのを感じています。

遠藤 真結子
今、感じているのは手応えです。稽古時間が増え、参加作品の数も3本に増え、さらに海外公演も加わります。本科と比べると忙しい環境ですが、少人数制になることで先生方との関係も密になり、だからこそ役者としての自分の長所と短所に気づくことができます。自分の実経験を表現に反映することのできる、強い役者に成長していきたいです。

望月 肇
専攻科で発見したのは、自分の演技に足りない部分でした。目下の課題は、集中力を高めること、身体の強さを得ること。先生方との対話から、新たな目標を発見できるのは専攻科だからこそだと実感しています。また、作品を裏から支えるスタッフワークの楽しさも知りました。全員が団結しなければ作品は成立しない。そのことを日々学んでいます。

小黒 沙耶
本科で感じた自分の課題を、実践的に解決していくのが専攻科の2年間。この4年間を通じて演劇がもっと好きになったし、自分が演劇の役に立てるか、作品に貢献できるかを強く考えるようになりました。一般的に、映画と比べると演劇は距離を感じさせるところがあります。だからこそ演劇に興味を持つ人が増えるための環境づくりをしていきたいです。

専攻科音楽専攻について

本科の教育課程を発展させ、専門能力をさらに深める2年間

専攻科音楽専攻は、芸術科の教育課程を発展させ、関連科目を充実させるとともに実技の研鑽を通じ、より高度な専門教育を行う2年間です。本学の音楽専攻卒業生または同等の能力があると認められる者を対象に、徹底した個人レッスンをはじめ、アンサンブル、室内楽、歌曲研究、音楽療法など、専門分野の能力を深める科目が揃っています。また、2017年度より、チェンバロ専修が増設されました。さらに本専攻科を修了した後も、なお研鑽を積もうと希望する学生には、研究生制度が用意されています。

ピアノデュオ研究

連弾と2台のピアノのための作品を通して、ピアノ・アンサンブルの基本を学びます。授業は、学生がチームを組んでデュオ演奏しますが、それを公開レッスン形式に進めることでより実践的に行います。

オペラ実習

授業は、演劇専攻の教員を含め、「演奏」「演技」「上演」の3 段階に分けて1 年間行われます。受講生は徹底した訓練のなか、舞台が創られていく過程をひとつずつ経験することになり、その成果は「オペラ実習試演会」で披露されます。

アウトリーチ研究

聴衆と感動を共有できる演奏会を
従来の鑑賞型の演奏会だけではなく、「演奏+α」(楽器体験、ワークショップなど)を追求し、奏者と聴き手が一体となれるプログラム、コンサートを創り出していきます。企画・構成から本番での聴き手とのコミュニケーションまで、実践的に学びます。

歌曲研究

言葉と音楽の融合を探る
「歌曲」というと声楽とピアノでの演奏が基本ですが、この授業では、本学の特徴を活かし、箏やギターの伴奏による歌曲や、フルートやヴァイオリン等の楽器が加わった作品も幅広く取り上げ、言葉につけられた音の世界を学んでいきます。

Students' voices

森島 絵利子
芸術科ではピアノ専修だったのですが、第二実技で勉強していた声楽を本格的に学びたいと専攻科へ。基礎と並行して専門的な実技を受けるのは大変ですが、発見も多く毎日が充実しています。将来は、音楽を教える先生になりたいと思っています。ピアノも歌も身につければ、子どもたちに教えられる幅が広がる、そんな未来を思い描きながら勉強中です。

石神 春香
中学時代に教わっていた学校の先生の影響で音楽の道を志したので、音楽教師が私の夢です。芸術科では実技に集中する2年間を過ごしたのですが、専攻科では教職課程の勉強とのバランスを取りながら毎日を過ごしています。レッスンや講義など、好きな音楽に打ち込める充実した時間を経て、今は少しずつ冷静に演奏できる自分が見えてきました。

村岡 奈々
実技系の授業を増やしたので、今まで以上にピアノに向き合う毎日を過ごしています。他大学と違い、幅広い年代の同級生がいるのが桐朋のおもしろいところです。人生の大先輩との交流からは、音楽だけに限らない、さまざまな発見やアドバイスが得られます。それが音楽にも深みを与えるように思い、ピアノデュオの練習などは特に楽しく感じています。

浅見 佐保子
さまざまな人と密に触れ合えるアットホームな環境が、桐朋の魅力です。室内楽の授業では、弦楽器やピアノの先生にも何曲も見ていただけて、とても贅沢な時間を過ごしました。ホルンを含めた金管楽器を学ぶ学生は人数も少なく、コンサートに参加できる機会も豊富。吉永先生とのレッスンを継続的に積み重ねてこられたのも、得難い経験でした。

専攻科募集要項

PDFファイルのダウンロードは下記ご希望の専攻をクリックしてください。


PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader®が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

2018年度「専攻科演劇専攻」入試についてご案内します。


2018年度「専攻科音楽専攻」入試についてご案内します。