HOME > 桐朋女子ニュース一覧 >

高1「言語技術 ~絵の分析~」

  • 高1

本校では、昨年度、中学3年生の英語の授業において、週1回「言語技術」の授業が始まりました。今年度は、引き続き高校1年生の授業において「言語技術」の授業が始まりました。この授業の目的は、言語を操るための技術(スキル)を身につけることです。授業は議論を中心に展開され、毎回の授業の最後には学んだ技術を使って作文をします。なお、「言語技術」の授業は、本校卒業生の三森ゆりか氏が代表を務める「つくば言語技術教育研究所」と連携して実施しています。

 

先週金曜日に行われた2回目の授業は「絵の分析」でした。名画(ゴッホ「星月夜」)を、作者やタイトルを伏せて提示し、それを絵の中に見出せる根拠に基づいて分析しました。描かれた場所、季節、時間、天気に加えて、特徴的な描き方について討論し、最後に400字の作文にまとめました。「絵の分析」は4回目だったため、授業では多くの意見が出され、活発な授業になりました。

最上部へ